タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 「シカクマメ」

「シカクマメ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「「シカクマメ」 の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

8月上旬に淡青色のスイートピーに似た花を咲かせ、9月を中心に若莢を収穫します。莢の長さは約15cm、断面は正方形です。高温・短日性で15℃以上の気温があればよく育ちます。

栽培環境・土づくり

日当たり、水はけ、風通しのよいところで栽培します。マメ科作物の連作は避けます。植えつけの2週間以上前に、土壌の酸度調整とカルシウム補給のために、苦土石灰を1㎡当たり100g~150g施しておきます。1週間前までに完熟堆肥約2~3kgと有機配合肥料40g程度を施します。深く耕して根を深く張らせ、株を健康に育てます。

タネまき・植えつけ

高温性作物で霜に弱いので、地温が十分上昇してからタネまきします。遅まきすると長日で着花が悪くなるので、一般には保温して育苗します。20℃以上の温度を確保し、3号(9cm)ポリ鉢に3~4粒タネまきします。タネをまいてから発芽するまでは乾かさないようにします。発芽後1~2本立ちにし、本葉が3~4枚になったころに植えつけます。うね間100cm、株間50cmを標準とします。

管理のポイント

15℃以下では発芽が悪くなるので、保温マットなどで発芽適温を確保して育苗します。水はけの悪い畑では高うねにします。元肥に窒素肥料が極端に多いと、葉とつるばかり茂る「つるぼけ」になって、着花(着莢)が悪くなります。暑さには強いですが、乾燥に弱いので、敷きワラをし、夏には十分に水やりをします。つるありインゲンのように2m以上の支柱を立てて、誘引します。花が咲き出したら株の様子を見ながら追肥をします。

病害虫・生理障害

シカクマメだけなく、インゲン、エダマメ、ソラマメなどマメ科作物の連作を避け、水はけをよくして、根を健全に育てます。窒素肥料が多すぎると、過繁茂となって、風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。シカクマメは霜に弱いので暖かくなってから栽培しますが、遅まきすると、短日植物ですから長日のため、花つきが悪くなります。

収穫・保存・利用

開花後20日前後たち、莢の長さが15cm内外になったら収穫します。豆は、塩を加えた熱湯に入れてさっとゆで、サラダ、おひたし、あえ物に利用します。薄く小口切りにすると風車か忍者の手裏剣のように見えます。浅緑なので、ちらし寿司やサラダに散らしたり、スープに浮かすと美しいです。塊茎もゆでて食べられます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

緑のカーテンにも利用できます!

緑のカーテン特集サイトはこちら

「シカクマメ」
品目 シカクマメ(四角豆)
原産地 パプアニューギニア
科・属名 マメ科トウサイ属

「シカクマメ」 を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

「シカクマメ」 の栽培Q&A

Q上手に発芽させるには?
A地温が低いとタネが腐り、発芽しません。シカクマメの発芽適温は25~30℃です。タネまきは地温が15℃以上になってからにします。早まきする場合は、温室などで発芽適温を確保してポット育苗し、本葉2~3枚のころ畑に定植します。タネは水につけないでまきます。タネまき前にタネを長時間水につけると、酸素欠乏などでタネが死んでしまうことがあります。タネまき後の水のやりすぎも、酸素欠乏でタネが腐ることがあります。
Q栽培でとくに注意することは?
Aシカクマメはインゲンと同じ高温性植物です。寒さや霜に弱いので、十分に暖かくなってから栽培します。しかし、花(淡紫色)が咲くのはタネまきから2か月以上かかるので、早くから収穫するにはポット育苗します。生育が旺盛なため、株間は50cm以上広くとります。シカクマメはつる性植物ですので、支柱やキュウリネットを張って、つるを巻きつけて栽培します。
Qどのようにして食べるの?
Aインゲンや莢エンドウと同じように若莢を利用します。開花後15~20日で莢長が10~15cmになったら収穫します。塩を入れた熱湯で軽くゆでて、ほのかな苦みとシャキシャキした歯ざわりを楽しみます。サラダ、おひたし、あえ物、天ぷらなどに適します。薄く小口切りすると形が面白いので、ちらし寿司やスープに散らすと喜ばれます。地下部にできるイモも食べることができます。
Q生育はよいのですが、実つきが少ないです。
A窒素肥料が多すぎると、つるボケして着果がわるくなります。マメ科作物なので肥沃な畑ならば、追肥の必要はありません。生育が旺盛すぎる場合は、摘芯して側枝を伸ばすと着果は早まります。
Q収穫した莢がかたいです。
A収穫が遅れると莢がかたくなります。とり遅れると株への負担が増え、株が弱ります。莢がかたくならないうちに、早め早めに収穫します。また、土壌水分が不足すると莢がかたくなります。乾燥を防ぐために敷きワラや水やりをします。

■同じ品目の他の商品

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.