タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ソラマメ 「早生そらまめ」

ソラマメ 「早生そらまめ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ソラマメ 「早生そらまめ」 の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント ソラマメ一般向け

特長

生育が早く、豆はやや小さめで、莢着きがとてもよく、たくさん収穫できます。粒の長さが2cmくらいの小~中粒種で、粒皮はきれいな緑色です。

栽培環境・土づくり

タネまきの2週間前に1㎡当たり苦土石灰100~120g、1週間前に完熟堆肥2~3kg、有機配合肥料50gくらいを施します。うね幅100~120cm、株間50cmを標準とします。冬を迎える前に敷きワラをして、株元を防寒します。

タネまき・植えつけ

タネ2~3粒をはオハグロを斜め下方に向けて土に挿し込み、タネの尻部が隠れる程度に浅く覆土します。

管理のポイント

発芽後、ポット育苗では本葉2~3枚展開で植えつけます。本葉5~6枚以内で越冬させます。翌春、株元から多くの芽が伸びますが、開花前に太くて丈夫な茎を5~6本にします。整枝時と着莢最盛期に1株あたり20g程度追肥します。

病害虫・生理障害

アブラムシがつきやすく、これがウイルスを伝播するので、よく注意し早めに殺虫剤を散布して防ぎます。アブラムシはキラキラ反射する光を嫌うので、シルバーフィルムなどをうね面にマルチしておくとよいです。

収穫・保存・利用

莢の背筋が黒褐色になって、光沢が出始め、莢が下垂したころが収穫の適期です。「おいしいのは3日だけ」といわれるほど、鮮度が大切な野菜です。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

ソラマメ 「早生そらまめ」
品目 ソラマメ(空豆・蚕豆)
原産地 中央アジア、地中海沿岸
科・属名 マメ科ソラマメ属

ソラマメ 「早生そらまめ」 を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ソラマメ 「早生そらまめ」 の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aソラマメの発芽適温は15~25℃で、温暖地の10月下旬の地温は適温よりも低いですが、日数はかかりますが発芽します。ソラマメのタネは大きいので、酸素も多く必要とします。タネを長時間水につけると、酸素欠乏でタネが死ぬことがあります。タネを深くまいても酸素不足で発芽不良になります。オハグロを斜め下にして、タネの尻部が見えるくらいに浅まきにします。発芽するまで水を切らさないようにします。
Q生育をよくするには?
Aソラマメは連作すると、生理障害や病虫害の発生が多くなります。マメ科作物は同じ畑では4~5年は栽培しないようにします。マメ科作物は移植を嫌います。育苗する場合は、本葉2枚ぐらいの幼苗で定植します。幼苗は寒さに強く、5℃以上あれば生育します。早まきすると、年内に大苗になって、寒害を受けやすくなります。生育適温は15~20℃です。耐暑性はなく、20℃以上になると生育が衰えます。
Qこれから収穫だというのに、株が倒れてしまいました。
A大苗で越冬すると、高節位に着果し、茎葉の生育が旺盛になり、生育後期に倒伏しやすくなります。適期にタネまきします。分枝が多すぎるときは、節間のつまった太い枝を5~6本残し、頑強に育てます。土寄せしないと、分岐部分が地上に出て倒れやすくなります。窒素過多だと、茎葉の生育が旺盛になり、倒伏しやすくなります。春になって株が過繁茂だったら、着果節を残し、上のほうを切り込みます。
Q株にアブラムシがついて困ります。対策を教えてください。
A10~6月に発生して、葉裏や葉柄に寄生し吸汁するため、生育が阻害されます。暖冬小雨の年には多発します。幼苗期は防虫ネットなどのトンネル被覆やシルバーマルチをして、成虫の飛来を防ぎます。発生初期に登録農薬(殺菌剤)を散布します。
Q葉に白色の斑点が広がっています。
Aさび病と思われます。4月ころに発生して、葉に青みを帯びた白色の小斑点ができ、やがて盛り上がった褐色病班になります。表皮が破れて黄褐色の粉(胞子)が飛散します。発病は下葉から始まり、しだいに上の葉に広がります。発生の早い年には、結実前に落葉して被害が大きいです。病葉を早めに摘みとるほか、発生初期に登録農薬(殺菌剤)を散布します。

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.