タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 「落花生」

「落花生」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「「落花生」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

病気や湿害に強く、ガッチリと育ってつくりやすく、家庭菜園に向く大粒のラッカセイです。よく枝分かれをして莢つきが多く、莢長は5X2cmと大きく、すぐれた品質です。

栽培環境・土づくり

石灰欠乏になると空莢が出やすくなります。タネまきの2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰100~200g、1週間ほど前に完熟堆肥1~3kgと有機配合肥料60g程度を施します。肥えた畑なら、苦土石灰以外の肥料はとくに与えなくても十分生育します。うね間60~80cm、株間30~35cmを目安として畑をつくります。

タネまき・植えつけ

1か所に2~3粒まき、1cm以上の覆土をします。間引いて本葉が2~3枚になったころに1本立ちにします。育苗の場合は1か所に2本植えつけます。

管理のポイント

側枝が伸び始めたころ、カリ分の多い化成肥料を適量施します。窒素過多になると、つるボケ状になり、莢のつきが悪くなります。畑が乾いたら適宜水やりします。子房柄が土中に伸びるので、土寄せを行います。

病害虫・生理障害

ラッカセイだけでなく、インゲンやエダマメなどマメ科作物の連作は避けます。窒素肥料が多いと、株が茂りすぎて風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをします。根が健全に育てば、地上部も健全に育ち、褐斑病などの病害に強くなります。コガネムシやアブラムシなどの害虫は早期発見、早期防除に努め、コガネムシは見つけしだい捕殺します。

収穫・保存・利用

茎葉が黄変し、下葉が枯れたら収穫適期です。試し掘りして、莢に網目が入り肥大しきっているころに完熟収穫し、数日畑に広げて日干しにします。完熟収穫の約20日前、莢がほぼ肥大したころに堀り上げ、子実を莢ごと塩ゆでして、実をとり出して食べることもできます。タネ用にする場合は、莢つきのまま貯蔵し、タネまきの前に莢からとり出します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

「落花生」
品目 ラッカセイ(落花生)
原産地 ブラジル
科・属名 マメ科ラッカセイ属

「落花生」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

「落花生」の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aラッカセイは発芽適温20℃以上の高温発芽性植物です。温暖地の5月の直まきだと、まだ地温が発芽適温に達していないので、ポット育苗して本葉2枚くらいで定植するとよいでしょう。幼根部を下にしてタネまきすると発芽がよくなり、逆だと悪くなります。タネの上下は分かりにくいので、「縦向きまき」ではなく「横向きまき」にします。深まきすると酸素欠乏で発芽が悪くなるので、覆土はタネの大きさの2~3倍にします。
Q寒冷地でも栽培できますか? どんな畑がよいですか?
Aラッカセイの生育適温は15~25℃で、15℃以下では生育しなくなります。寒地(年平均気温9℃未満の地域)での栽培は困難です。寒冷地(年平均気温9~12℃)ではマルチをすれば栽培できます。マルチは花が咲いたら、はがして土寄せします。つる(子房柄)が伸びて、地中にもぐって結実するので、粘土質の畑での栽培には向きません。軽い火山灰土や砂質土が適します。
Q収穫を多くするには?
Aラッカセイは石灰(カルシウム)を多く必要とする植物です。石灰が不足すると実入りがわるくなります。タネまきの2週間以上前に苦土石灰を1㎡当たり100~200g施し、深めに耕します。窒素肥料が多いと樹ぼけ状態(つるボケ)になり、莢つきがわるくなります。根に寄生する根粒菌が空気中の窒素をとり込むので窒素肥料は多くは必要ないですが、完熟堆肥を十分施すと、収量も多くなります。
Q葉に黒班が多く出てきます。
A褐班病と思われます。葉に黒や茶色の斑点ができ、株の生育がわるくなります。根の生育が衰えると発生しやすいので、水はけのよい畑で栽培します。発生初期に登録農薬(殺菌剤)を散布します。
Qまいたタネが鳥に食べられてしまいました。
A畑に直まきすると発芽する前に、野鳥や野ネズミにタネを食べられやすいです。家庭菜園ではポットで育苗し、苗を定植するとよいです。

■同じ品目の他の商品

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.