タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 「スイートマジョラム」

「スイートマジョラム」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「「スイートマジョラム」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント セイジ,実咲,実咲シリーズ

特長

ハナハッカとも呼ばれ、オレガノやポットマジョラムなどと同じ仲間です。花や若い茎葉は肉料理の臭み消しや、色々な料理の風味づけに利用するほか、乾燥した全草をハーブティーとしても利用できます。

栽培環境・土づくり

地中海沿岸からアラビアにかけての乾燥地に自生しています。水はけと日当たりのよい場所でよく育つ多年草で、酸性土壌を嫌います。高温多湿と極端な寒さには弱いので、夏は風通しのよい場所で、乾燥ぎみに管理します。露地植えは前もって1㎡当たり苦土石灰100g、完熟堆肥2kg、有機配合肥料100gを目安として施します。

タネまき・植えつけ

タネのまき時期は、暖かい地域で3~5月、寒い地域では4~5月です。タネが細かいのでピートバンやセルトレーなどに薄くまき、土はほとんどかけません。芽が出るまではまき土を乾かさないようにします。発芽適温(地温)は20℃、発芽までに5~10日かかります。発芽後込み合っているところは、何度か間引いて間隔をあけるか、9cmポットに2~3ずつ植替えます。苗は初期の生長がゆっくりですが、用土の過湿を避けて、薄い液肥を10日に1回程度与え、しっかりとした苗に育てます。生育適温は15~20℃です。本葉4~6枚に育ったら、露地植え株間30cmで植えつけます。鉢植えは18~21cm鉢に1株、コンテナは65cmプランターに3株の割合で植えつけます。

管理のポイント

土が過湿だと根が傷み枯れやすいので、露地植え高うねにして水はけをよくします。鉢植えは通気性のよい土に植えて、葉がしおれはじめのころに水を与えます。梅雨どきは直接雨の当らない軒下などで育てます。草丈は30~50cmになりますが、生育期に収穫を兼ねて摘芯して、まとまった草姿に育てます。植えつけ前に肥料を施してあれば、追肥はほとんど必要ありませんが、初夏の開花前に枝を刈込んだ株は、追肥をするとその後の生育がよいです。寒い地域では十分に生育した株を、初冬以降は保温のできる室内に入れて冬越しさせます。タネのほかに春と秋の株分けや、初夏に挿し木で殖やすことができます。

病害虫・生理障害

ナモグリバエの幼虫が、葉肉内にトンネル状の穴をあけて、白い絵描き模様に食害します。適切な登録農薬かありませんので、絵描き模様の先端にいる幼虫やサナギをつぶすのが効果的です。

楽しみ方など

葉に甘い香りがあり、肉や魚の臭みを消して、料理の風味を引き立てます。多くの料理に使えますが、卵料理やサラダは特に相性がよいです。収穫は苗の植えつけ1か月後からです。草丈が20cmくらいに育ち、枝数が多くなったら、若枝を少しずつ摘みとって利用します。保存用には初夏に白い花の咲く直前の香りの高いときに、根元5cmを残して枝を刈りとり、風通しのよい日陰で乾燥します。ドライマジョラムは料理のほか、ポプリやハーブティーとして香りを楽しみます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

「スイートマジョラム」
品目 スイートマジョラム
原産地 地中海沿岸、アラビア
科・属名 シソ科ハナハッカ属

「スイートマジョラム」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

「スイートマジョラム」の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aスイートマジョラムはタネが小さく、初期生育が遅いので、育苗して移植します。発芽には適温と適湿と空気(酸素)が必要です。発芽適温は20℃前後です。適温を確保してタネまきします。乾燥した土では発芽しないので、タネまき前に十分水やりをします。タネまき後、薄く覆土(タネの2~3倍)し、軽く鎮圧して、タネが土から水分を吸いやすいようにします。発芽するまでタネを乾かさないようにします。
Q生育をよくするには?
A日当たり、水はけ、風通しのよいところで育てます。スイートマジョラムは地上部(茎葉)を収穫、利用するハーブですが、地下部(根)が健全に育たないと地上部の生育は悪くなります。完熟堆肥を十分施して土の中の有効菌を殖やし、根の張りをよくします。過湿に弱いので、高うねにして乾燥ぎみに育てます。数年たったら、株分けして新しいところに植え替えます。
Q利用方法は?
Aスイートマジョラムは、上品な甘みのある香りのするハーブです。開花直前に株元から切りとり、逆さにつり下げて乾燥させます。生でも乾燥しても使えますが、乾燥したほうが香りが強いため利用価値があります。肉、野菜、スープなどいろいろな料理の香りづけに適します。浴剤にするとリラックス効果があるといわれています。夏に咲く白い球状の花がかわいいので、庭の境に植えておくと観賞用にもなります。

■同じ品目の他の商品

「ハーブ」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.