タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 「セージ」

「セージ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「「セージ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

地中海沿岸に自生する常緑低木で、強めの香りと苦みが脂肪分の多い肉料理などによく合い、ソーセージにも利用されるほか、ハーブティーでも人気があります。若い葉や花を摘み、生または乾燥させたものを使います。

栽培環境・土づくり

サルビアの仲間で多年生の植物です。暑さや寒さにも比較的強く、風通しと日当たりのよい場所でよく育ちます。酸性土壌は好まず、水はけのよい土が適します。梅雨や秋の長雨期に、土が過湿にならないところで育てます。露地植えは前もって1㎡当たり苦土石灰100g、完熟堆肥2kg、有機配合肥料100gを施しておきます。

タネまき・植えつけ

八重桜が散るころからがタネまき時期で、温かい地域で4~5月、寒い地域では5月です。ピートバンやタネまき用土を入れた育苗箱などに、タネが重ならないようにまき、5mmほどの厚さに土をかけます。発芽適温(地温)20℃前後で、発芽までに7~15日かかります。発芽するまでは、まき土が乾かないようにします。発芽がそろったら、込み合っているところは間引いて、苗の間隔をあけます。日によく当て、まき土はやや乾かし気味にします。生育適温は15~20℃、本葉が出たころ9cmポットに1本づつ植え替えます。本葉4~6枚くらいに育ったら、株間30~40cmで植えつけます。コンテナは18~21cm鉢に1株、65cmプランターには3株を植えます。

管理のポイント

初めは少しずつ葉を摘むか、伸びた枝を切る程度にします。草丈60~120cmになるので、芯が伸びたら摘みとって枝を出させて、コンパクトで整った株姿にします。春から秋の生育期は月に1回の割合で、化成肥料を株元に施して大株に育てます。21cm鉢植えでは小さじ1杯の化成肥料を、土の表面にバラまきします。花が咲き終わった初夏に伸びた枝を切りつめると、その後に勢いのよい若枝が伸びてきます。冬は霜よけをすると葉が傷まないで収穫ができます。タネまきのほかに、初夏または秋に挿し木で殖やすことができます。多年生植物ですが、3~4年すると株姿が乱れ、生育が悪くなるので、挿し木などで養成した若い苗に植え替えます。

病害虫・生理障害

ナミハダニやオンシツコナジラミなど、葉を吸汁する虫の被害があります。シルバーマルチを敷いたり、着色粘着トラップを取りつけます。水やりのときに葉の表裏を洗うようにすると、予防効果があります。土壌の過湿は根が腐りやすく、枝が込み合うと葉枯れが多くなります。水はけのよい土に植え、込み合った枝は収穫を兼ねて間引きます。

楽しみ方など

別名は薬用サルビアで、肉料理と相性のよい香りと苦みが特徴です。強めの香りと苦みが脂肪分の多い肉料理などによく合い、ソーセージにも利用されるほか、ハーブティー、ポプリ、ハーブバス(浴用剤)など用途の広いハーブです。若い葉や花を摘み、生または乾燥させたものを使います。5~6月に咲くラベンダーブルーの花と銀緑の葉が美しく、ガーデニングプランツとしても人気があります。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

「セージ」
品目 セージ(セイジ)
原産地 地中海沿岸
科・属名 シソ科サルビア属

「セージ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

「セージ」の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aタネまき用土はピートバンや清潔な野菜培養土を用います。発芽には適温と適湿と空気(酸素)が必要です。発芽適温は20℃前後です。適温を確保してタネまきします。乾燥した土では発芽しないので、タネまき前に十分水やりをします。タネまき後、薄く覆土(タネの2~3倍)し、軽く鎮圧して、タネが土から水分を吸いやすいようにします。発芽するまでタネを乾かさないようにします。
Q生育をよくするには?
A日当たり、水はけ、風通しのよいところで育てます。セージは地上部(茎葉)を収穫、利用するハーブですが、地下部(根)が健全に育たないと地上部の生育は悪くなります。完熟堆肥を十分施して土の中の有効菌を殖やし、根の張りをよくします。過湿に弱いので、高うねにして乾燥ぎみに育てます。摘芯する側枝がよく出ます。数年たったら草姿が乱れてくるので、株分けして新しいところに植え替えます。
Q利用方法は?
Aセージは地中海原産で、和名が薬用サルビアというように、薬草として重要な地位を占めてきたハーブです。葉はツンとくる香りと、ビリッとした苦みをもち、脂肪分の多い料理によく合います。ソーセージにはなくてはならないハーブです。若い葉を肉料理、スープ、ハーブティなどに利用します。初夏に咲く花もかわわいいので、庭の境に植えておくと観賞用になります。

■同じ品目の他の商品

「ハーブ」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.