タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 「フェンネル」

「フェンネル」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「「フェンネル」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

株元が肥大するフローレンスフェンネルです。「魚のハーブ」と呼ばれ魚介類を使った料理との相性がよく、世界中で利用されています。葉は風味づけ、肥大した株元はサラダ、タネは薬味・ハーブティー・菓子に利用できます。

栽培環境・土づくり

原産地はヨーロッパ、地中海沿岸、西アジアで、草丈100cm以上にも達する大型の耐寒性1~2年草です。日当りのよい環境で、有機質に富み乾きすぎない土壌が適します。植えつけ前に、1㎡当たり苦土石灰120g、完熟堆肥3kg、有機配合肥料100gを施して、深く耕しておきます。

タネまき・植えつけ

タネのまき時期は、暖かい地域は3~5月または9~10月、寒い地域では4~7月です。発芽適温(地温)は20℃前後、発芽までの日数は5~10日です。植え替えを嫌うので、畑に直まきします。うね間80cm、株間30cmで、8~10粒ずつ点まきします。発芽したら葉元の太りのよい苗を残して間引き、本葉5~6枚で1本にします。畑の準備ができていなかったり、コンテナ栽培の場合はポットまきをします。9cmポットにタネを5~6粒まき、本葉3枚のころに間引いて1本にします。生育適温は15~20℃です。ポットに根がよく伸びたころに、土を落とさないように抜いて畑に植えつけます。コンテナ栽培は、野菜栽培用の深く大きいものを使用します。

管理のポイント

植えつけ時と春先に、良質の堆肥を十分施すことが、栽培のポイントです。タネまきから1か月後からは生育を見ながら追肥をします。花芽が伸び始めると倒れやすくなるので、早めに支柱を立てます。株元(葉柄部)が膨らんできたら土をかけると、やわらかくみずみずしい軟白茎となります。7月ごろに傘状の美しい小さな黄花を咲かせます。冬は生長しませんが、温暖な平坦地では緑葉がついたまま、わい化して越冬します。寒地では地上部は枯れます。適した環境ではこぼれダネからもよく芽が出て、あまり手をかけなくてもよく育ちます。ディルとは交雑しやすいので、タネをとる場合は近くに植えないようにします。

病害虫・生理障害

日当たりのよいところならば丈夫に育ち、病害虫の発生は少ないですが、夏~秋にアゲハの幼虫が葉を食害することがあります。見つけしだい捕殺して、被害を押えます。

楽しみ方など

葉と肥大した株元、そしてタネを利用するハーブです。葉には強い香りがあり、春から秋まで長く収穫できます。草丈20cm以上になってから摘みとります。株元が肥大してきたら土寄せをして倒伏を防ぎ、みずみずしい軟白茎を収穫します。タネとりは、夏の花後に花茎が色づいたら茎ごと切りとり、陰干ししてからとり分けます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

「フェンネル」
品目 フェンネル
原産地 地中海沿岸
科・属名 セリ科ウイキョウ属

「フェンネル」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

「フェンネル」の栽培Q&A

Q発芽をよくするには?
Aフェンネルは直根性で移植に弱いので直まきします。発芽には適温と適湿と空気(酸素)が必要です。発芽適温は20℃前後です。適温を確保してタネまきします。乾燥した土では発芽しないので、タネまき前に十分水やりをします。タネまき後、薄く覆土(タネの2~3倍)し、軽く鎮圧して、タネが土から水分を吸いやすいようにします。発芽するまでタネを乾かさないようにします。
Q生育をよくするには?
Aフェンネルは日当たり、水はけ、風通しのよい、肥よくなところで栽培します。草丈が1m以上の大株になるので、株間は広くとります。地上部を収穫、利用するハーブですが、地下部(根)が健全に育たないと地上部の生育は悪くなります。完熟堆肥を十分施し、土の中の有効菌を殖やし、根の張りをよくします。月に1度くらい株の周りに追肥をします。多年草なので、毎年春先にも完熟堆肥を施します。
Q利用方法は?
Aフェンネルは地中海沿岸地方原産で、魚と相性がよいので、魚のハーブといわれてきました。魚の生臭さや脂っこさを消し、すっきりした甘さが加わります。草丈が20cm以上になってから、若い葉の先端を摘みとり利用します。株元はセルリーに似て、葉とともにサラダやスープに適します。束ねてお風呂にいれるとリラックス効果があるといわれています。庭に植えると、若草色が明るく映え、観賞用になります。

■同じ品目の他の商品

「ハーブ」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.