タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 小カブ【スピーディベジタブル】

小カブ【スピーディベジタブル】

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「小カブ【スピーディベジタブル】の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

 

まきどき

春~秋

用意するもの

・スピーディベジタブル1包(1回分)
・ミニプランター 縦15cm×横30cm×高20cm(おおよその目安) 
・水受け皿(屋外ならなくても可)
・野菜用培養土 2~3L
液体肥料(栽培に応じて)
・ジョウロ、霧吹き
・ラベル(なくても可 タネまき日を記入すると便利)

タネまきの準備

野菜用培養土を鉢の縁から2cm位の高さまで入れます。途中、軽く鉢をたたいたり、軽く押さえるなどで土の中の隙間を減らします。こうすることで水やりの際に目減りしません。表面を軽くならします。傾斜があるとタネや水やりが均等になりません。

タネまき

ミニプランターにタネが重ならないようにスジまきし、タネが隠れる程度、土をかけて軽く押さえます。

水やりのポイント

タネが細かい場合、ジョウロのハス口を上向きにして優しく水やりしたり、必要に応じて霧吹きを使い、タネが流されないように気をつけます。苗が流れる心配がなくなる頃からは、土が乾いたら、たっぷり水を与えましょう。鉢底から水がしたたり落ちるくらいまで与えます。鉢中のガスや、古い水を追い出します。鉢底皿に水が溜まったら、捨てましょう。古い水が残ると病害虫の発生の原因になります。

管理

本葉2~3枚のころ4~5cm間隔、根が2cmの大きさのころに株間8cmくらいに間引きます。光は必要ですが、夏の暑さが苦手です。水分が不足すると裂根につながるので、土が乾きそうなときには水やりをします。

栽培の注意点

水と日照と温度が確保できていれば、栽培は可能です(酸素はあるものとします)。しかし、水不足、日照不足、温度不足により、花芽が上がってきたり、春~夏の栽培条件下の植物の大きさに達しないことがあります。花芽が上がると葉部分は固くなり食味が下がります。
室内栽培で、日照を確保するために窓際に置く場合、低温に気をつけます。秋から春にかけて、また夜間は特に注意が必要です。暖かい場所に移動させましょう。
日照不足、水のやり過ぎ、葉の込みすぎなどで、苗がヒョロヒョロになる可能性があるので注意します。

収穫

直径5cmくらいになったものから、順次収穫します。取り遅れも裂根につながります。

利用例

漬け物、煮物など幅広い和風料理のほか、牛乳などを使った洋風料理にも合います。

スピーディベジタブルシリーズのご紹介

スピーディベジタブルシリーズの特長やラインナップはこちらをご覧ください。

小カブ【スピーディベジタブル】
品目 カブ(蕪)
原産地 中央アジア、ヨーロッパ西南部
科・属名 アブラナ科アブラナ属

小カブ【スピーディベジタブル】を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.