タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ホウレンソウ 「アトランタ」

ホウレンソウ 「アトランタ」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ホウレンソウ 「アトランタ」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント べと病R-4抵抗性、R-5、R-7耐病性、極立性で作業性にすぐれる

特性

  1. べと病R-1~4抵抗性、R-5、7に強い耐病性をもつ剣葉の一代交配品種です。
  2. 葉は光沢のある鮮緑色で、浅く欠刻が入ります。
  3. 草姿は極立性で、収穫調整が容易です。
  4. 8月下旬~3月中旬まきに使用できますが、春どりは抽だいしやすいので、適期に一斉収穫します。

適応性

べと病R-4またはR-5が発生している地域、作型に適しています。収穫作業性を重視する生産者にも適した品種です。

圃場

日ごろから完熟堆肥の施用と深耕に心がけ、排水性、保水性のすぐれた圃場をつくることが重要です。土壌酸度はpH6.5前後が最適なので、苦土石灰などにより矯正します。ハウス栽培では、高pHによる微量要素欠乏が発生する場合があるので、定期的に土壌分析を行うことが望ましいです。

肥料

土壌条件によって異なりますが、秋まきの場合10a当たり成分量で窒素10~15kg、リン酸15~18kg、カリ10kg、越冬栽培ではそれぞれ 20~25kg、25kg、20kgを標準とし、元肥主体で施用します。ハウス栽培の場合は塩類集積に気をつけて、施肥量は露地栽培より少なめとします。

播種

条間15~20cm、株間は低温期3cm、高温期5cmを標準とします。「アトランタ」の種子は、すべて特殊処理を施したPRIMAX(プライマックス)種子です。従来の種子に比べ、発芽が早くよくそろい、催芽の必要はありません。ただし圃場条件により、やむをえない場合は1~2時間浸水してから播種します。それ以上の浸水は発芽率低下の危険性があります。

病虫害防除

アブラムシ、ヨトウムシ、春先のケナガコナダニなどの害虫は、できるだけ発生初期に薬散防除します。

収穫

収穫適期にいっせいに収穫します。とくに春どりの場合、収穫が遅れると抽だいの危険があるので注意します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ホウレンソウ 「アトランタ」
サカタ交配
品目 ホウレンソウ(法蓮草)
原産地 中央アジア
科・属名 アカザ科ホウレンソウ属

ホウレンソウ 「アトランタ」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ PRIMAXサイズ別種子
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.