タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ホウレンソウ 「カイト」

ホウレンソウ 「カイト」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ホウレンソウ 「カイト」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 萎凋病耐病性、極濃緑の極晩抽多収ホウレンソウ

特性

1・極晩抽性の交配種で、べと病R-1~9,11~15に抵抗性、萎凋病に耐病性をもつ。
2・極濃緑、比較的平滑な広葉で、葉先がやとがり、浅く欠刻が入る。
3・葉枚数が多い上に葉軸が太く充実し、量性が高い。
4・極晩抽性品種としては、立性で草姿がよく、葉軸が折れにくいため収穫作業性にすぐれる。
5・収穫期に達してからの生育速度があま早くならないので、在圃性が高い。
6・収穫後の品質劣化が少なく、店もちが非によい。
7・高冷地の6月まきに特に適している。

適応性

本品種は抽だいで困っている産地向けに特化した品種です。極晩抽品種なので、生育自体はゆっくりとなります。「トリトン」と比較すると、通常収穫まで4~5日余計に日数がかかります。その代わり、在圃性はきわめて高いものがあります。大面積での栽培でどうしても収穫に追われてしまう方にも向いています。
極晩抽品種一般にいえることですが、本品種も高温と乾燥は苦手です。夏に気温が高くなる一般平坦地の雨除けハウス栽培では生育が遅延しやすく、あまりおすすめできません。高冷地でも土壌が極端に乾燥すると生育が遅延する場合があります。生育期間中は適度の土壌水分を維持してください。乾きやすい圃場ではこまめに灌水するようにします。夏場に問題になる萎凋病に対しては「トリトン」と同程度の耐病性をもっています。

土づくりと施肥

完熟堆肥の施用と深耕は、ホウレンソウ作りの基本です。連作障害を回避し高品質のホウレンソウを生産するために、ふだんから土づくりに心がけます。萎凋病に対して耐病性はありますが、連作圃場の高温期の作型では土壌消毒を行うことが望まれます。

播種

条間15~20cm、株間5~7cmのスジまきとします。高温期は遮光資材などを利用して地温を下げ、発芽しやすいようにします。

管理

徒長しない品種なので、通常よりやや圃場水分が多くなるように管理して、スムーズに生育を促す栽培が適します。生育が遅延することがあるので、生育途中での極端な乾燥は避けるようにします。気温の高い時期は生育期間中も遮光資材を利用することで栽培管理がかなり楽になります。

病害虫防除

アブラムシ、アザミウマなどが問題になるので早期防除を徹底します。

収穫

収穫期に入ってからの在圃性は非常に高いですが、ちょうど気温の高い時期にあたるので、あまりとり遅れると品質が劣化することがあります。適期を逃さず収穫するよう心がけます。

注意

※ホウレンソウのべと病はレース分化が進み、近年ではその分化も早まっています。新レース発生を予兆することはきわめて困難であるため、抵抗性品種であっても、適期の防除を心がけます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

 

ホウレンソウ品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますホウレンソウ品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ホウレンソウ 「カイト」
サカタ交配
品目 ホウレンソウ(法蓮草)
原産地 中央アジア
科・属名 アカザ科ホウレンソウ属

ホウレンソウ 「カイト」を買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

PRIMAXサイズ別種子  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.