タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. シュンギク 「さとゆたか」

シュンギク 「さとゆたか」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「シュンギク 「さとゆたか」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント べと病に強く、良品多収の早生系中葉シュンギク

特性

1. 「中葉シュンギク」タイプで、べと病に非常に強く、初夏~初秋まきの激発期にも安心して栽培できます。
2. 「中葉シュンギク」よりも生育は若干遅れますが、節間のつまった草姿で、葉形もよくそろい、側枝の出もよく、摘みとり栽培に適する早生多収品種です。
3. べと病に対して完全な抵抗性ではないので、株間を広めにとり、通風をよくします。

適応性

生育期間が短く、4月上旬~10月上旬まで露地栽培の播種が可能です。6~8月播種は多雨期のため軟腐病やべと病が多発しやすいので雨よけ栽培をおすすめします。トンネル栽培では2月下旬~3月下旬まきに適します。トンネル、ハウス栽培では9月下旬~10月下旬まき、冬~早春どりの摘みとり栽培にも適しますが、1月中旬以降の収穫にはハウス栽培のほうがよいです。

播種

直まき栽培で根つきを出荷する場合には最終的に12×3㎝、摘みとりの場合は15×5~6㎝になるように間引いて、均一な生育をさせます。
4月上旬~5月中旬まきは、抽だいしやすい作型になるので株間を広くとります。軟弱徒長を抑え、しっかりと生育させ、抽だいが早まらないように注意します。7月中旬から9月上旬まきは、高温と乾燥のため発芽がわるくなりやすいので約1時間吸水させた後冷蔵庫に入れ、5℃前後で18~24時間予措してから夕方ごろに播種すると、発芽率が高まり生育のそろいがよくなります。

育苗

有機質に富む床土を用いて9㎝のスジまきにし、株間を2~3㎝とり、徒長させず根張りのよい健苗育成に努めます。本葉4~5枚で17×15㎝に定植します。

管理

ハウス栽培や乾燥下での露地栽培ではベッドをつくる前に十分灌水をします。

肥料

直まき栽培では、10a当たり春・夏まきは窒素、リン酸各10㎏、カリ7㎏、秋まきは窒素、リン酸15㎏、カリ12㎏を元肥に施します。ハウス栽培では、速効性と緩効性の肥料を混ぜ、元肥に窒素20㎏、リン酸40㎏、カリ17㎏を標準として、窒素とカリの同量を3~4回に分けて追肥として施します。いずれの作型でも硝酸石灰を10a当たり20~40㎏元肥に施用すると、芯黒(カルシウム欠乏症)のない良品を生産できます。

収穫

摘みとり栽培は、23~24㎝が出荷する長さなので株元の4芽を残して収穫します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

シュンギク 「さとゆたか」
品目 シュンギク(春菊)
原産地 地中海沿岸
科・属名 キク科キク属

シュンギク 「さとゆたか」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰 1l 絵袋詰 2dl
絵袋詰 1dl  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.