タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. チンゲンサイ 「艶帝」

チンゲンサイ 「艶帝」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「チンゲンサイ 「艶帝」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 耐病性にすぐれ、葉色が濃緑で見栄えよいチンゲンサイ

特性

1.耐病性にすぐれる中~大柄のチンゲンサイです。
2.葉色がきわめて濃いのが特徴です。生育は早生で草姿は立性、葉は細長く、葉枚数が多いです。葉柄はやや長めで首部のしまりがよいです。
3.温暖地で3~4月まき、9月~11月の秋まき向きです。節間の間伸び、尻部の乱れが見られる高温期の栽培はさけます。また、抽だいが早いため、冬~早春の栽培もさけます。
4.萎黄病、白さび病、根こぶ病に耐病性です。ただし、根こぶ病はレースによって発病することがあるので注意します。

適応性

秋冬栽培が基本で、春作でも利用できます。
温暖地では9月~11月播種で後半低温にあたるため、より葉色がのり、特徴が発揮されます。これ以降の播種では、抽だいのおそれがあります。10月下旬以降の管理ではハウスやトンネルによる保温が必要になります。春は露地栽培の4月まき中心で利用できます。高温条件下では尻張りがわるく、徒長して形状がくずれてしまうため適しません。

播種、育苗、定植

直播移植栽培どちらも可能ですが、圃場の効率的利用や低温期の抽だい防止では移植栽培が適します。
株間は15×15cmを標準とします。尻張りのよい品種ですので株間を狭くしすぎないよう注意してください。
直播栽培の場合、1穴に3粒ほど播種します。間引きは本葉3~4枚のときに行ない、1本立ちにします。
移植栽培では、288穴トレーの播種を基本とし、播種後20℃~25℃で管理し発芽をそろえます。低温期の育苗では低温感応による抽だいを防ぐため、最低気温が13℃を下まわらないように管理します。本葉2~3枚が定植適期です。
低温時は本葉3~4枚のときに株の中心部にアントシアンが発生することがあります。本品種の特徴なのですが、収穫時には株のなかに入ってしまうので問題ありません。
肥培管理
連作が多くなるチンゲンサイ栽培では土づくりが大切です。保水力のある健全な土壌をつくるために、堆肥やバイオエースなどの有機肥料を積極的に利用します。
生育期間が短いため元肥中心の施肥設計となります。窒素成分で7kg/10aが目安です。栽培期間の長い低温期は多めに施し、高温期は葉をつくり過ぎないように少なめに施します。圃場を使用する1週間ほど前には施肥してなじませます。微量要素剤(FTEなど)もあわせて施用してください。

収穫

草丈25cmくらいになり、尻部が張ってきたら収穫です。尻の充実は比較的遅い品種です。収穫が遅れるとかたくなり品質低下の原因となるので注意してください。

病害虫対策

虫食いあとは商品性を著しく低下させます。しかし、栽培期間が短く農薬が残存する可能性があります。コナガ、アブラムシの防除には防虫ネットによるトンネル被覆栽培で風水害とあわせて虫害を防ぎます。性フェロモンを利用したフェロモントラップを圃場に設置するのも減農薬につながる技術として有効です。

栽培暦


※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

チンゲンサイ品種特性表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますチンゲンサイ品種特性表.pdf
チンゲンサイ 「艶帝」
サカタ交配
品目 チンゲンサイ(青梗菜)
原産地 中国
科・属名 アブラナ科アブラナ属

チンゲンサイ 「艶帝」を買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

缶詰2dl 絵袋詰20ml
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.