タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. レタス 「にしなべに」

レタス 「にしなべに」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「レタス 「にしなべに」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 株張り旺盛で栽培容易なサニーレタス

特性

1. 春の上昇気温にも赤色の発現がよい、遅抽だい系早生種です。
2. 葉は濃赤色で、葉肉厚くボリューム感があるので荷姿がよく、日もちもよいです。
3. 草勢強く、株張り旺盛で低温伸長性にすぐれ、栽培は容易です。

適応性

温暖地・暖地の春まき初夏どり、夏まき秋~年内どり、寒冷地の春まき初夏に好適です。
土壌はとくに選びませんが、酸性土壌では生育がわるく収量は上がりません。

育苗

セル、ペーパーポット、ソイルブロックなどを用いて育苗します。発芽ぞろいまでは乾燥に十分注意し、一斉発芽させます。レタス類の発芽最適温度は18~20℃なので、低温期は温床線などで加温し、高温期は寒冷紗やヨシズなどで気温を下げてあげるとよいです。ビニールハウスなどでの育苗は高温になりやすく、軟弱徒長ぎみとなるので、十分換気して20~22℃の温度を目標とします。低温期の定植では苗を十分に順化させ、活着不良や生育の遅れにつながらないようにします。

定植準備

遅くとも定植2週間前に、10a当たり堆肥2,000kg苦土石灰100㎏を全面散布して耕起し、ほかの肥料はベッドにすき込みます。
施肥量は10a当たり秋どりで、窒素、リン酸、カリそれぞれ18~20㎏を標準とします。トンネル春どりは、施肥量を40%ほど少なくし、初夏~夏どりでは30%ほど少なくします。定植ベッドは3~4条植えで条間30㎝、株間27~30㎝とします。
マルチは生育の促進、安定にきわめて有効です。春まき、晩夏まきは黒マルチ、秋まきは透明マルチを用います。夏まきでは地温上昇の抑制効果がある白黒マルチがよいです。

定植

本葉4~5枚ごろに定植を行います。外葉を傷めないように浅植えとし、定植後は速やかに灌水し、順調な活着をはかります。

一般管理

活着後は極端な乾燥にならないように、天候に応じて灌水を行い、土壌水分を適正に保ちます。
秋冬~冬春どり栽培では、霜害で葉を傷めると商品性が低下するので、トンネル被覆は早めに行います。トンネル内は日中25℃以上にならないように管理します。収穫前になったら日中の換気量を徐々に増やし、低温と光線を十分に当てて、色づきのよい、ボリューム感のある株に仕上げます。

病害虫防除

各作型により発生する病気や害虫が異なりますが、肥培管理を適切に行うとともに、早期防除を心がけます。

収穫

中心葉が伸び、株が盛り上がってきたら、重さ300gを目安に行います。収穫遅れは鮮度が落ち、商品性の低下を招くので、熟期に入ったら早めに収穫します。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

レタス品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますレタス品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
レタス 「にしなべに」
品目 レタス
品種 サニーレタス
原産地 中近東内陸、小アジア
科・属名 キク科アキノノゲシ属

レタス 「にしなべに」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰 20ml ペレット 5000粒
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.