タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ダイコン 「濱のはる」

ダイコン 「濱のはる」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ダイコン 「濱のはる」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 厳寒期でも低温伸長性にすぐれるトンネルマルチ栽培用青首ダイコン

特性

1.晩抽性・低温伸長性にすぐれます。播種後の低温で短根になりやすい年内まきのトンネル栽培において、根長が出て、抽だいの心配がありません。
2.葉は濃緑色の小葉で、過繁茂になりにくく、密植栽培ができます。
3.作柄安定で、秀品率が高いです。低温期に発生しやすい肩こけになりにくく、そろいがよいです。空洞症も発症しにくいです。
4.萎黄病耐病性です。萎黄病が問題になる時期ではありませんが、収穫期の3~4月は病原菌が活動を始めます。耐病性品種を作付けすることにより、土壌の菌の増殖を抑えることができます。

適応性

温暖地・暖地のパイプハウス、トンネル・マルチ栽培の10月中旬~12月中旬まき、2月下旬~4月中旬どりに適します。

施肥

土壌は野菜づくりに大きな影響を与えます。とくに連作をしている圃場では、堆肥の施用により土壌改良を行いますが、根菜類は、施用遅れによる障害のおそれがあります。その場合は、無臭微生物肥料「バイテクバイオエース」を施用することをおすすめします。
肥料は、10a当たり成分量で窒素10kg、リン酸15kg、カリ10kgを標準とし、生育期間が長いため、肥効の長い肥料を使用します。

播種

27cm×30cmの4条マルチを使用し、できるだけ保水性のよい圃場を選び、整地・マルチ張りは土壌水分のあるときに行ないます。

換気

生育初期(間引きまで)は、抽だい防止のためトンネルの最高気温は30℃を目安にし、その後は20~25℃を目安に徐々に換気します。

水分管理

年内まき栽培は、低温・乾燥が続くので、ひげ根と横縞症の発症が問題になります。保水性のよい圃場を選び、整地・マルチ張りは土壌水分のあるときに行ないます。

病害虫防除

低温期での栽培なので、比較的病害虫の心配は少ないですが、秀品率を上げるためには、早期防除を計画的に行ないます。

収穫

形状は細めで尻流れぎみなので、極端な早どりはさけます。細身なので、箱詰め作業がしやすいです。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培のマーク説明はこちら

ダイコン品種特性表&栽培型と適品種表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますダイコン品種特性表&栽培型と適品種表.pdf
ダイコン 「濱のはる」
サカタ交配
品目 ダイコン(大根)
原産地 地中海沿岸、華南高地、中央アジア
科・属名 アブラナ科ダイコン属

ダイコン 「濱のはる」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

缶詰 2dl 絵袋詰 20ml
ペレット 5000粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.