タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ネギ 「初夏扇」

ネギ 「初夏扇」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ネギ 「初夏扇」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 晩抽性があり、耐暑性のある合黒系一本ネギ

特性

1.春どりおよび初夏どりに適する合黒系一本ネギ。
2.太りがよく襟締まりのよい晩抽系品種。「春扇」よりも抽だいが遅い。
3.草勢は「春扇」よりややおとなしく、過肥大や襟割れの発生が少ないため在圃性が優れる。
4.葉色が濃く草姿はコンパクト。葉は立性で機械管理作業の適応性が高い。

適応性

春どりおよび初夏どりに適応します。一般地の春どりでは6月播種の4月どりにおいてとくに能力を発揮します。「春扇」ではやや難しい4月下旬~5月初旬どりがおすすめです。初夏どりでは6~7月どりに適応します。その中でも10月上旬に播種し、12月中旬~3月下旬までトンネルを使用した6月どりにとくに適します。トンネルを使用しない場合は10月下旬以降の播種とし、7月上旬収穫を狙います。

春どり

播種密度は株間2~2.5cmが基準です。春どりでは定植期が高温期にあたるので、排水性のよい圃場を選定し額縁排水などの排水対策を行います。定植後、活着するまでは灌水を行います。肥培管理は慣行の春どり栽培に準じますが、元肥はやや抑えてこまめな追肥で仕上げると生育が安定します。土寄せは太りを確認しながら行います。抽だいは生育期間中の肥切れや管理の遅れ、冬の温度や水分状況の影響を受けます。3月以降にネギの内部葉数および花芽位置を確認し、およその抽だい時期を予測しておくと安心です。

初夏どり

播種密度は株間2.5~3cmが基準です。無理な早まき、被覆資材の保温力が不十分な場合や換気が強すぎる場合は、抽だいが起こりやすくなるので注意します。初夏どりでは栽培期間が短いため、元肥をやや多めに施肥します。4月以降の適温期に生育を促進させますが、「春扇」のように太りは早くないので、太りを確認しながら土寄せを行います。収穫では適期収穫を心がけます。

病害対策

葉の病害ではさび病、べと病に注意が必要です。収穫期にあたる春~初夏に特に発生しやすいので、発病前から予防的に防除を心がけます。土壌病害では白絹病と軟腐病に注意します。これらの病害はとくに6月以降の高温期に発生が顕著となるので、春どりでは定植後~9月までの防除、初夏どりでは5~6月の土寄せ時の防除を確実に行うことが大切です。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ネギ品種特性表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きますネギ品種特性表.pdf
ネギ	「初夏扇」
サカタ交配
品目 ネギ(葱)
原産地 中国西部
科・属名 ネギ科ネギ属

ネギ 「初夏扇」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

1dl袋 ペレット6000粒缶
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.