タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ミニトマト 「オレンジキャロル」

ミニトマト 「オレンジキャロル」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ミニトマト 「オレンジキャロル」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント オレンジ色で高糖度、食味極良

特性

1. ToMV(Tm-2ヘテロ)に抵抗性で、萎凋病、斑点病、根腐萎凋病(J-3)にも強いオレンジ色の極早生ミニトマトです。
2. 黒葉の小葉で、節間はやや伸びます。花房は下段からダブルになりやすく多花性で、着果性にすぐれます。
3. 果実は10~15g程度の豊円~腰高球、果色は鮮やかなオレンジ色で裂果に強いです。
4. 糖度は9~10度で甘みが強く、独特の風味をもち、食味は非常によいです。またβ―カロテンが普通の赤玉品種の5倍以上含まれ、栄養的にもすぐれます。

適応性

各作型に広く適応しますが、とくに越冬長段、促成、半促成栽培に好適です。

床土

物理性にすぐれ、pH6前後で、リン酸肥料を十分含んだ無病のものを用意します。

播種・育苗管理

播種床の地温は25~28℃とします。子葉を十分光に当て、根量が多く子葉の大きな苗をつくります。
移植は本葉1.5枚(播種後10~12日)ごろに行います。育苗中の温度管理は、気温は日中25~28℃、夜間は10℃程度とし、高温期は温度が上がりすぎないように風通しのよい場所で育苗します。地温は15~20℃を保ち、高温期でも30℃を超えないように、ベッドの下に敷きワラをするなど工夫します。
移植後、本葉5~6枚ごろまでは鉢土が乾かない程度に灌水し、蕾が確認できるころからは徐々に灌水を控え、夕方、鉢の表面が乾く程度とします。また、徒長を防ぐため順次鉢を広げ、肥料切れにも注意します。

定植準備

圃場は前作で残った肥料分を除去し、地中深くまで湿らすためにたっぷりと灌水しておき、適湿となったら肥料分の少ない完熟堆肥を十分に施します。元肥緩効性肥料を主体として10a当たり窒素10~12㎏、リン酸25~30㎏、カリ15㎏を標準とし、深耕してできるだけ根を深く張らせるようにします。

定植および栽培管理

定植は、抑制栽培では花房が見え始めたころ、他の作型では第2~3花開花ごろとし、極端な若苗定植はさけます。
追肥は4段開花ごろから草勢を見ながら施し、一回の施肥量は緩効性肥料で10a当たり窒素3㎏程度とします。
灌水もこのころから行いますが、株元への灌水は糖度の低下、裂果および病害の原因となるため、畝の肩、通路などにします。
温度管理は午前中25~28℃、午後20℃、夕方15℃とし、夜間最低は10~12℃を保ちます。

摘果

低段から花数が多くなりやすいため、着果数は1~2段で20~30個、3段以降は50個前後とし、それ以上は摘果し、草勢の衰え、小玉化を抑えます。

病害虫防除

青枯病の発生するおそれのある圃場では、耐病性台木に接木して回避します。また、高温期はキュウリモザイクウイルス(CMV)が発生しやすいため、育苗期からアブラムシの防除は徹底して行います。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培のマーク説明はこちら

中玉・ミニトマト品種特性表

品種による特性の違いや差が比較できます。品種選定にご活用ください。

新しいウインドウで資料を開きます 中玉・ミニトマト品種特性表.pdf
ミニトマト 「オレンジキャロル」
サカタ交配
品目 ミニトマト
原産地 中南米
科・属名 ナス科トマト属

ミニトマト 「オレンジキャロル」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ ペレット 200粒
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.