タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ソラマメ 「打越一寸」

ソラマメ 「打越一寸」

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ソラマメ 「打越一寸」の特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品のポイント 3粒莢多く、多収、草勢強くつくりやすい中早生品種

特性

1. 3粒莢率が高く、総着莢数の多い多収型品種です。
2. 莢の色は緑色で光沢があり、豆は3㎝前後でよくそろいます。
3. 青果用として食味がよいです。
4. 草勢強く、寒さにも比較的強くて、つくりやすいです。熟期は中早生種です。

適応性

土壤適応性は広いですが、保水力のある埴壤土で耕土の深い地力のあるところがよく、土壤酸土pH6.5~7.0が適します。連作はさけます。生育適温15~20℃。耐寒性は比較的強いです。
バーナリ効果はよいほうなので暖地のハウス・トンネル・露地での早出し栽培、寒冷地の春まき栽培に向きます。また、一般普通栽培でも能力が高いです。

播種

発芽適温は5~20℃です。
まき方は、オハグロを斜め下にして種子が少し見える程度に挿します。十分灌水し、乾燥を防ぐために敷ワラをします。
定植時の苗の大きさは、本葉1.5~2枚が適期で大苗になると植え傷みしやすいです。栽植密度は1.5~1.8m×50㎝です。10a当たり1,100~1,300株が標準です。
直まきは、2㎝くらい覆土する深さにまきます。なお欠株の補植用として圃場の隅にも少しまいておきます。

肥料

緩効性肥料を主体に10a当たり成分で窒素7㎏、リン酸12㎏、カリ7㎏、苦土石灰120㎏、堆肥1,000kgを標準とします。
水田裏作は高畝で排水をよくし、肥料は2~3割増やします。追肥は開花少し前に窒素、カリを2~3㎏施用します。

管理

整枝期、開花期と着莢最盛期に窒素、カリを成分で3㎏程度施します。
整枝は、早く出たよい枝を5~8本残し他は摘除します。その後も分枝してきますので適宜、整枝をし、土寄せを行い、無効分枝を抑え、風などによる枝の裂けや倒伏を防ぎます。土寄せは、分けつ枝を広げるように株の中央部に置き土をします。

病害虫防除

赤色斑点病、さび病、アブラムシ、ウイルス病、ソラマメゾウムシなどが発生するので予防に努めます。

収穫

莢に光沢が出てきて莢の縫合線が黒くなり、莢が上向きから水平になったころが適期です。

各作型の栽培のポイント

1.ハウスまたはトンネル栽培(暖地)
8月上旬~9月下旬に催芽して根が2~3㎜伸びたころに、3~5℃で20日~25日間低温処理し、ポット育苗します。育苗中は寒冷紗をかけウイルス病を防ぎます。定植は10月上旬~11月上旬です。

2.普通栽培(中間地)
播種は10月中旬~下旬です。定植は10月下旬~11月上旬です。あまり早まきするとウイルス病の発生が多くなり、また、年内に生育が進みすぎ寒害を受けやすくなるので本葉4~5枚で越冬するようにします。

3.春まき栽培(寒冷地)
2月中旬~下旬に無加温ハウスに播種します。3月中旬までポット育苗し定植します。春まきは分枝数が少ないので、栽植距離は1.0×0.3mとし、10a当たり3300株が標準です。ソラマメは、低温で花芽分化するので、播種期が遅くなると着莢数が少なくなります。適期に、播種、定植することが大切です。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培のマーク説明はこちら

ソラマメ 「打越一寸」
品目 ソラマメ(空豆・蚕豆)
原産地 中央アジア、地中海沿岸
科・属名 マメ科ソラマメ属

ソラマメ 「打越一寸」を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

絵袋詰 1l 絵袋詰 1dl
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「野菜」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.