タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. キンギョソウ 紅華(こうか)

キンギョソウ 紅華(こうか)

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「キンギョソウ 紅華(こうか)の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特徴

当社育成の極早生(Ⅰ型)高性品種です。真夏の高温にもよく耐えて生育し、周年栽培が容易で、茎が剛直で花穂も大きいです。花は濃い赤色で、密につき、光沢があります。
花芽分化期の極端な高温、または低温で奇形花が発生することがあるので、注意してください。

用途

切り花

作型

施設内での夏から冬まきによる、冬から初夏出荷が基準です。地域により作型は異なります。

播種

発芽適温20℃前後、発芽日数5~7日。好光性。
播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。
覆土は必要です。

育苗

生育適温15~20℃。
真夏は温度が低めで、日当りのよい環境で育苗してください。

定植

12cmの株間が標準です。

培養土

定植床には完熟堆肥などの有機質を入れ土壌消毒が理想で、土壌改良材を加え活性力のある培養土にしてください。

肥料

作型・栽培環境により肥料の効果が異なります。適宜に変え、冬期低温管理では控えめにしてください。
前作の肥料残効量を考慮し、EC0.5程度を目安とします。
吸肥力が強いので、基肥は控えめに施し、前作の植物によっては無肥料です。
多肥栽培では葉がしげり、草姿が乱れやすいので注意してください。
株の状態で判断し、液肥でコントロールしてください。

栽培

作型により栽培・管理は異なりますが、摘芯による秋から春の数回切りが基本です。
セルトレーまき育苗管理が基本です。
発芽適温は20℃前後です。好光性のため覆土はなしか、ごく薄くかけます。
生育適温15~20℃です。真夏育苗は温度を下げる工夫が望ましいです。
定植床は病気を予防するため、土壌消毒が理想です。
灌水は表土が乾いたら行い、後半は控えめにします。過湿では枝がやわらかく大株となります。
摘芯栽培が通常で、定植後本葉4枚で処理してください。

病虫害

苗立枯病・ボトリチスなど。
アブラムシ、スリップス、ダニなど害虫には、薬剤散布による駆除が必要です。

出荷

適度な開花後から出荷可能です。

備考

地域・作型により栽培管理は大きく異なります。

栽培暦

 ※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

キンギョソウ 紅華(こうか)
品目 キンギョソウ(金魚草)
原産地 南ヨーロッパ、北アフリカ
科・属名 ゴマノハグサ科アンティリヌム属

キンギョソウ 紅華(こうか)を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

1ml  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.