タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ケイトウ レッドクリフ

ケイトウ レッドクリフ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ケイトウ レッドクリフの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

花壇向きの中高性の羽毛ケイトウです。鮮やかな銅葉に、花穂は緋赤色でボリュームがあるのが特徴です。夏は生育旺盛でカラーリーフとして楽しみ、花穂の見頃は晩秋からです。大株となるため、寄せ植えやニーハイ(膝丈)ガーデンなど、夏から秋の植栽アイテムとしておすすめです。※肥培管理などの栽培環境によって発色が異なります。

用途

ポット苗および大鉢仕立て

作型

ポット苗:春播き夏出荷または、夏播き秋出荷。
大鉢仕立て:春播き秋出荷。

播種

発芽適温25℃前後、発芽日数は5~7日です。
直播きまたは、「ファンクション FN-100」などの播種用土を使用したセルトレー播きが基本です。覆土は不要です。

育苗

生育適温25℃程度。
セルトレー育苗が基本。セル育苗での老化苗は花芽が優先されるため注意が必要。

定植

10.5cm~15cmポットに1本植え、大鉢仕立ては6~8寸に3本植えが基本です。
ケイトウは移植を嫌うため、セル苗利用の際は丁寧に扱うようにしてください。植え痛みは、花穂の乱れの原因となります。

用土

消毒済み用土に「バイオエース」、「ミリオン」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用してください。

肥料

草花一般の施肥が基本です。
株の状態で判断し「ペンタキープG」「鉄力あくあ™F10」「有機の液肥 ネイチャーエイド」「ホストップ 亜リン酸液肥 (0-25-20)」などの液肥でコントロールしてください。

栽培

発芽、生育適温は25℃程度で、適温を守り、発芽後は過湿を抑え、徒長や立ち枯れなどの病気を避け管理します。
加温・電照によって2月からの播種が可能です。栽培温度は最低気温12℃以上が理想で冷水潅水は注意し、水温15℃以上を保つようにしてください。育苗中は潅水代わりに適宜薄い液肥を与えます。低温、過湿、乾燥には注意してください。生育が極端に悪くなり病気発生の誘因となります。
育苗期間中は温度、潅水、株間などでコントロールし、丈の伸びを防ぎます。

病虫害

立ち枯れ、疫病など土壌消毒が必要です。
全栽培期間を通しアブラムシ、スリップス、高温時のダニに注意してください。

出荷

穂着色時より可能ですが、穂長が長い方が有利です。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培のマーク説明はこちら

ケイトウ レッドクリフ
品目 ケイトウ(鶏頭)
品種 羽毛ケイトウ
原産地 インド
科・属名 ヒユ科ケイトウ属

ケイトウ レッドクリフを買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

500粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.