タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ミニヒマワリ 小夏

ミニヒマワリ 小夏

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ミニヒマワリ 小夏の特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

花弁は黄色で、中心部分が黒褐色の一重咲き極わい性品種です。草丈は露地で25cm程度です。花粉が出ないため花もちがよく、花色のコントラストが鮮明で、草勢も衰えにくいです。露地植えでは側枝が多数出枝し、側花が頂花を覆い隠すように約1か月程度開花し続けます。鉢栽培などでは分枝が出にくく、また草丈のそろいがきわめてよいため、寄せ植えなどに適します。

用途

開花鉢、ポット苗

作型

春まき初夏出荷から夏まき秋出荷です。

播種

春~夏です。
発芽適温20~25℃、発芽日数5日程度です。
「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、ポット直まき、またはセルトレーや箱まきです。

育苗

栽培適温25℃前後。
「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイテクバイオエース®」「リフレッシュ®」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある培養土を使用します。

定植

開花鉢では、4~5号鉢に1株が標準です。
花壇用ポット苗では、9cmポットに1株が標準です。

肥料

草花一般施肥
株の状態で判断し、「ペンタキープG」「鉄力あくあ™F10」「有機の液肥 ネイチャーエイド」「ホストップ 亜リン酸液肥 (0-25-20)」などの液肥でコントロールします。

栽培

高温を好む一年草で、3月からのタネまきが基本です。
農電ケーブルなどを使用し、20℃以上で発芽させます。5日程度で発芽開始です。
栽培温度は最低気温15℃以上をまもり、地温20℃以上が理想です。
発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気をさけ、日当たりのよい環境で管理します。
箱まきでは、発芽後、本葉展開で移植し、セルトレーではセルの大きさにより対応してください。
育苗中は灌水代わりに適宜に薄い液肥を施します。栄養不足では葉色がわるくなるので注意してください。
低温、過湿に注意します。生育が極端にわるくなり、病気発生の誘因となります。
1ポット1株、無摘芯栽培です。
育苗期間中は、温度、灌水、株間などでコントロールし、草丈の伸びを防いでください。
わい化剤処理も効果あります。

病虫害

立枯病、斑点細菌病など。
全栽培期間を通しダニ、スリップス、ハモグリバエに注意してください。

出荷

天花開花前から出荷可能です。

備考

低温、密植栽培はさけてください。
低温では病気、奇形花が発生します。密植徒長、病気発生の要因となります。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

販促ツールのご紹介

販促ツールはこちらのページでご紹介しています。ご利用ください。

http://www.sakataseed.co.jp/product/professional/promotion_flower/index.html

ミニヒマワリ 小夏
品目 ヒマワリ(向日葵)
原産地 北アメリカ
科・属名 キク科ヒマワリ属

ミニヒマワリ 小夏を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 1000粒
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.