タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ベゴニア フォーチュン ミックス

ベゴニア フォーチュン ミックス

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ベゴニア フォーチュン ミックスの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

早生大輪のわい性の球根ベゴニア種です。花径10cm内外、迫力ある大きな花が魅力で花つきよく、花色の豊富さも特徴です。生育旺盛ですが極端な暑さには弱いため、一般地では5月に種をまくか7月に苗を購入し、山上げの後、秋にポット苗出荷します。高冷地、寒冷地では1月に定植し、5月~6月出荷が可能です。

用途

鉢、ポット苗

作型

寒冷地高冷地向き加温室内栽培による早春まきによる晩春~夏の鉢出荷、
一般地、高冷地夏蒔きの山上げ栽培等による秋出荷。

播種

早春~夏。
発芽適温25℃、発芽日数10~14日。
「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用、セルトレーまきが理想です。
覆土は不要ですが、初期の乾燥を避けるため保水性の良い用土を使用し、種子を乾かさないよう注意してください。

育苗

栽培適温20~25℃。
「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」、「ミリオン」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用します。育苗期間は過湿を避け、日当たり良い環境で管理してください。

定植

4~5号鉢に1株、ポット苗では9~10.5cmポットに1株が標準です。

肥料

草花一般施肥
株の状態で判断し、「ペンタキープG」「鉄力あくあ™F10」「有機の液肥 ネイチャーエイド」「ホストップ 亜リン酸液肥 (0-25-20)」などの液肥で適宜、追肥してください。

栽培

耐寒性球根、周年栽培可能ですが、老化株は短日で休眠します。
発芽後は徒長や立ち枯れなどの病気を避けるため、20℃程度に温度を下げ、潅水代わりに適宜薄い液肥を与える。
移植直後は活着をよくするため、地温15℃以上を保ちます。冷水潅水には注意が必要です。無摘芯管理が基本です。温度、潅水、株間などでコントロールし丈の伸びを防ぎます。

病虫害

ウドンコ、立ち枯れ、ウイルスなど。
全栽培期間を通しアブラムシ、スリップス、ダニなど害虫に注意が必要です。

出荷

第一花開花以降。

栽培暦

「フォーチュンベゴニア」の特集ページもぜひご覧ください

http://www.sakataseed.co.jp/special/fortunebegonia/index.html

販促ツールのご紹介

 販促ツールはこちらのページでご紹介しています。ご利用ください。

http://www.sakataseed.co.jp/product/professional/promotion_flower/index.html

ベゴニア フォーチュン ミックス
品目 ベゴニア(球根ベゴニア)
原産地 南アメリカ(アンデス山脈)
科・属名 シュウカイドウ科シュウカイドウ属

ベゴニア フォーチュン ミックスを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

ペレットシード 1000粒  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.