タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ペチュニア メルリン ブルーモーン

ペチュニア メルリン ブルーモーン

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ペチュニア メルリン ブルーモーンの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

当社育成のAAS・FSに入賞した世界が認めた優良品種です。青色花弁で中央部が白色に抜ける中輪ペチュニアです。「バカラ」モーンタイプと同等の草姿でアウトドアーパフォーマンスにすぐれた品種です。ポット、鉢出荷に好適です。「バカラ」シリーズに比べやや根が弱い傾向があり、培養土は水はけよいことが必須で、極端な大鉢への移植、過湿は禁物です。

用途

鉢、ポット苗

作型

早春まき春出荷から夏まき秋出荷です。加温室内栽培春出荷が基準です。

播種

周年。
発芽適温25℃、発芽日数7日。
「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。

育苗

栽培適温は20℃前後です。
「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイテクバイオエース®」「リフレッシュ®」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある培養土を使用してください。

定植

開花鉢では、4~6号鉢に1株が標準です。
ポット苗では、9~10.5cmポットに1株が標準です。

肥料

草花一般施肥
株の状態で判断し、「ペンタキープG」「鉄力あくあ™F10」「有機の液肥 ネイチャーエイド」「ホストップ 亜リン酸液肥 (0-25-20)」などの液肥でコントロールしてください。

栽培

耐寒性一年草で、周年栽培可能で春のポット出荷用に冬から早春まきが基本です。
セルトレーを使用し、25℃程度で発芽させます。1週間程度で発芽します。
覆土は不要で、初期の乾燥をさけるため保水性のよい用土を使用し、種子を乾かさないようにします。
発芽後は、徒長や立ち枯れなどの病気をさけるため、20℃程度に温度を下げます。
育苗期間は過湿をさけ、日当たりよい環境で管理してください。
移植までの後半は18℃程度の温度で管理し、灌水代わりに適宜薄い液肥を施します。
406穴セルトレーで育苗期間35日程度です。本葉4枚程度で移植です。
移植直後は活着をよくするため、地温15℃以上を保ち、冷水潅水には注意してください。
ポットでは無摘芯が基本です。
温度、灌水、株間などでコントロールし丈の伸びを防ぎます。ケミカル処理は有効です。

病虫害

うどんこ病、立枯病、ウイルス、斑点病など。
全栽培期間を通しアブラムシ、スリップス、ダニ、ハモグリなど害虫に注意してください。

出荷

第1花開花以降、またポットでは適度な株となってから出荷可能です。

備考

「バカラ」シリーズに比べやや根が弱い傾向があります。培養土は水はけがよいことが必須で、極端な大鉢への移植・過湿は禁物です。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

ペチュニア メルリン ブルーモーン
品目 ペチュニア
原産地 南アメリカ
科・属名 ナス科ペチュニア属

ペチュニア メルリン ブルーモーンを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 1000粒(ペレット
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.