タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. わすれな草 ブルームッツ

わすれな草 ブルームッツ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「わすれな草 ブルームッツの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特徴

恵泉女学園園芸短期大学が育成した高性早咲き品種です。花芽形成に特別な低温を必要とせず、早春より青紫色の可憐な花を咲かせます。夏まきすると年内に開花し出荷が可能です。草丈40cmほどです。

用途

切り花 花壇

作型

夏まき 年内~春切り

播種

夏~秋まき
発芽適温20℃、 発芽日数5日~8日。高温で発芽が遅れます。
「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレーまきが理想です。

定植

20㎝×20㎝位の間隔が適当です。

培養土

栽培床には、完熟堆肥などの有機質を入れての土壌消毒が理想で、「バイテクバイオエース®」「リフレッシュ®」などの土壌改良材を加え活性力のある培養土にします。

肥料

1a当たり窒素成分で1kg程度とし、6:9:7程度の成分比の化成肥料でよく生育します。窒素成分が多すぎるとしげりすぎて、茎もやわらかくなります。
株の状態で判断し、「ペンタキープG」「鉄力あくあ™F10」「有機の液肥 ネイチャーエイド」「ホストップ 亜リン酸液肥 (0-25-20)」などの液肥でコントロールしてください。

栽培

播種期は夏~秋または早春とし、冬~初夏まで開花させます。冬季は露地状態では葉が傷むので、霜よけ(無加温ハウスなど)が必要です。切り花とする場合は、秋に温室などに定植すると、生育の初期から節間伸張します。
4月~6月まきすると、3~5か月で開花を始めますが、高温で花色が淡くなります。
生育環境としては、過湿には強くないですが、適当な湿度のもとで肥料分があれば、切り戻しによって再萌芽して何度も開花可能です。

備考

ハウス、温室内ではやや乾燥ぎみの管理をするほうが、株はしまった生育となります。
水を好むワスレナグサの種がありますが、本種とは別です。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

わすれな草 ブルームッツ
品目 ワスレナグサ(わすれな草)
原産地 ヨーロッパ
科・属名 ムラサキ科ワスレナグサ属

わすれな草 ブルームッツを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 2ml
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.