タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. インカービレア (野放し球根・日かげ向き)

インカービレア (野放し球根・日かげ向き)

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「インカービレア (野放し球根・日かげ向き)の特徴や育て方のポイントをご紹介」

日なた・日かげ

特長

シダのような葉から伸び上がる花茎が特徴のインカービレア。適地では何度も開花し、よく株立ちします。
草丈30~40cm。

「野放し球根」は、サカタのタネの長年の経験から、植えっ放しでもよく育ち、手間をかけなくても毎年きれいな花を咲かせる品種を寄り集めたブランドです。
※極端な乾燥や雑草が多い場所などでは、水やり、草とりなどの通常の管理が必要となります。

栽培環境

球根がやわらかく、長期の乾燥保存には向かないので早めに植えつけます。植えつけ場所は、肥沃で水はけのよい半日陰を好みます。日なたでも育ちますが、真夏の高温多湿をさけられるような、風通しのよい木陰などが栽培適地です。堆肥や腐葉土などをすき混んでよく耕したところに、5cmぐらいの深さで球根を横にして植えつけます。根茎が横に張って株立ちするので株間はやや広めにします。

植えつけ~発芽後の管理

初期生育が早く、5月上旬~6月にかけてよく開花し、初夏にかけて生育します。花茎が育ちながら数本上がり、短期間に何回か開花します。10月ごろまで生育し、秋から冬は葉が枯れ落ち休眠します。花後に花がらを摘み、傷んだ葉は取り除くようにして、風通しをよく育てます。

ポイント

楽しむ

茎のない独特の草姿の植物です。つる植物のノウゼンカズラの仲間で、花の形も似ています。やわらかい花弁は、派手すぎず、とてもソフトな印象です。適地では何度も開花し、よく株立ちします。

栽培暦

シリーズ商品の紹介

インカービレア デラヴァイピンク
品種名 インカービレア デラヴァイピンク
ポイント 桃色。野放し球根、日かげ向き。
インカービレア デラヴァイホワイト
品種名 インカービレア デラヴァイホワイト
ポイント 白。野放し球根、日かげ向き。
インカービレア (野放し球根・日かげ向き)
品目 インカービレア
原産地 中国南部、チベット
科・属名 ノウゼンカズラ科インカービレア属

インカービレア (野放し球根・日かげ向き)を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

球根  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.