タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ハブランサス (野放し球根・日なた向き)

ハブランサス (野放し球根・日なた向き)

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ハブランサス (野放し球根・日なた向き)の特徴や育て方のポイントをご紹介」

日なた・日かげ

特長

ゼフィランサスと似た性質をもちますが、ゼフィランサスの花茎が直立し、上向きに花をつけるのに対し、ハブランサスの花茎はしなやかに曲がり、横向きに複数の花を咲かせるのが特徴です。
草丈15~20cm。

「野放し球根」は、サカタのタネの長年の経験から、植えっ放しでもよく育ち、手間をかけなくても毎年きれいな花を咲かせる品種を寄り集めたブランドです。
※極端な乾燥や雑草が多い場所などでは、水やり、草とりなどの通常の管理が必要となります。

栽培環境

霜が降りなくなる3~5月ごろが植えつけ適期です。保排水がよく、日当たりのよい場所へ植えつけます。土は多少湿り気のあるものを好み、乾燥が続くと花が咲きにくくなります。肥料は、少なめに施し、球根は1球ずつ植えるのではなく、1か所に4、5球植えると見栄えがします。

植えつけ~発芽後の管理

開花の始まる梅雨明けから秋にかけては乾きすぎないように十分に水をやります。球根は、前年に出た根が活動している間に新しい根が出る性質があります。このため毎年球根を掘り上げると、根を傷め、花が咲かないことがあるので、数年間植えたままにします。

ポイント

楽しむ

アマリリスに似たかわいらしい小さな花を咲かせます。一つの花の開花期は3~6日程度ですが、初夏から秋にかけ、何回か花茎が上がってくるので長期間楽しむことができます。忘れたころに一斉に開花するので花壇がパッとにぎやかになります。

栽培暦

ハブランサス  (野放し球根・日なた向き)
品目 ハブランサス
原産地 中央アメリカ、南アメリカ
科・属名 ヒガンバナ科ハブランサス属

ハブランサス (野放し球根・日なた向き)を買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

球根  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.