タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 朝顔 浜シリーズ

朝顔 浜シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「朝顔 浜シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

花径が15cm以上にもなる迫力ある巨大輪です。つるの伸びがよく、垣根やあんどん仕立てにも適します。葉はエビス葉で涼しげな斑入りです。

栽培環境

夏の高温と強い日差しでぐんぐんと生育する朝顔は、日当たりと風とおしのよい場所を好みます。梅雨寒むのときは生育が止まったようになりますが、植えつけ前の小鉢では保温管理します。植えつけ後の株では安心して気温が高くなるのを待ちます。気温が高く、栽培期間が長いので月に1度定期的に化成肥料追肥します。

タネまき~植えつけ

発芽適温は約25℃前後と高温を好むので、暖かい地域でも5月に入ってからタネまきします。ジフィーセブンや9cmポットに培養土を入れて2~3粒のタネを1cmほどの深さでまきます。発芽後子葉が十分に開いたころ、最も生育のよい株を残して1本に間引きします。このタネは薬品を使わない方法の発芽促進処理をしてあるので比較的均一に発芽します。鉢に根が回り本葉が2~3枚になったころ植えつけます。60cmほどの大型のプランターでは3本植え、地植えでは株間約30cm、鉢植えのあんどん仕立ての場合は15~18cm鉢に1本植えが標準です。

管理のポイント

植えつけ後4~5節のところで摘芯をすると各節から枝が出て早くから多くの花をつけます。気温の上昇とともにぐんぐんと生育するので、支柱やネットは早めにしっかりと準備します。肥料切れを起こすと葉が黄ばみ、斑点病の発生や花が小さくなるので、肥料切れを起こさないように月に1度、化成肥料を株元に5~10g、ばらまくように追肥します。

病害虫・生理障害

葉が食害を受けている場合はアオムシです。よく見て取り除きます。梅雨明け後高温と乾燥が続く時期に、葉が部分的に黄色く変化して、小さな斑点が目立つ時はハダニの発生が疑われます。肥料切れが起きたり株が咲き疲れるころに斑点病が発生しやすくなります。定期的に殺菌殺虫剤を散布します。

楽しみ方など

バラエティーに富んだ花色と草勢の強さは日よけの生け垣栽培や鉢植えのアンドン仕立ての栽培に適します。インパチェンスやコリウスなどの花壇の西日よけにも利用できます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

シリーズ商品の紹介

朝顔 浜の輝
品種名 朝顔 浜の輝
ポイント 鮮やかな緋赤色
朝顔 浜の錦
品種名 朝顔 浜の錦
ポイント 緋色地に白の覆輪
朝顔 浜の銀河
品種名 朝顔 浜の銀河
ポイント 澄んだ青地に白吹きかけ絞り
朝顔 浜の空
品種名 朝顔 浜の空
ポイント 澄んだ青色
朝顔 浜の混合
品種名 朝顔 浜の混合
ポイント 単色、覆輪、絞りの混合
朝顔 浜の紫
品種名 朝顔 浜の紫
ポイント 濃い紫色
朝顔 浜の春
品種名 朝顔 浜の春
ポイント 明るい桃色
朝顔 浜の吹雪
品種名 朝顔 浜の吹雪
ポイント 緋色地に白吹きかけ絞り
朝顔 浜の雪
品種名 朝顔 浜の雪
ポイント 純白色
朝顔 浜シリーズ
品目 アサガオ(朝顔)
原産地 熱帯アジア
科・属名 ヒルガオ科イポメア属

朝顔 浜シリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

朝顔 浜シリーズの栽培Q&A

Q袋に「そのままタネまきができるアサガオのタネ」と書いてありますが、タネまき前に水につけなくてよいのですか?
Aふつうのアサガオのタネは皮が厚いので、タネまきの前に皮を傷つけたり、水につけて吸水させてからまきますが、記載のあるタネは発芽促進加工がしてあります。そのまままいて適温管理すればよく発芽します。
Q葉に白色の斑点がたくさん出て、枯れてきました。
Aアサガオは酸性雨や光化学スモッグによって、葉に白い斑点が現れます。被害が進むと、白い小さな斑点が茶色になったり、落葉したりします。この被害の特徴は、斑点が葉脈に沿っていることです。ダニによる被害は、葉全体に広がっているので、区別できます。
Qつると葉ばかり茂って、花があまり咲きません。
A肥料を多く施しすぎているためと思われます。窒素肥料が多いと、茎葉ばかり茂って花が咲きにくくなります。庭植えの場合は、とくに育ちが悪いときを除いて、追肥はほとんど施さなくてよいです。伸びすぎたつるは少し切ってもよいです。株の回りを少し掘り、乾燥ぎみにしてようすを見てみてください。
Qタネまきのポイントを教えてください。
A発芽適温は20~25℃です。夜間の寒さも心配がなくなる5月中旬~6月上旬が安心してタネまきできる時期です。
タネまき用土に、深さ1.5cm の穴をあけ1粒ずつ、腹の部分を下にしてまきます。1週間程度で発芽します。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.