タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. マーガレット アスター ミハス シリーズ

マーガレット アスター ミハス シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「マーガレット アスター ミハス シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品は販売終了いたしました。

特長

花の大きさが5cmほどの中輪一重咲きです。分枝が多く、マーガレットを思わせるかわいらしい花がたくさん咲きます。立枯病に比較的強くつくりやすい品種です。

栽培環境

夏の切り花として親しまれているアスターは耐暑性だけではなく、暖かい地域では秋植えにして翌年の初夏に咲かせることもできます。肥沃で日当たりと水はけがよい土を好むので、完熟堆肥腐葉土を多くすき込んだ場所で栽培します。アスターは連作ができないので注意が必要です。

タネまき~植えつけ

発芽適温は約20℃前後で桜の満開のころがタネまき適期です。早春の時期のタネまきは保温して、暖かい地域の秋まきでは涼しさを感じるころにまきます。アスターは発芽時に十分な酸素と湿り気程度の水分を好みます。用土を入れた箱やセルトレーにタネまき前に十分水やりをしてからタネまきをして5mm程度の深さになるように土をかぶせます。翌日に水やりすると発芽がそろいます。約30~40日後には本葉が3~5枚になり、植えつけできる大きさに成長します。1 ㎡当たり完熟堆肥3~5kg、腐葉土約1/3袋、苦土石灰50~100g、化成肥料約50g(約2握り)をすき込み深めに耕し整地した後、株間 15~20cmで根を切らないように注意して植えつけます。プランターや鉢栽培では18cm鉢で3株が標準です。

管理のポイント

アスターは酸性土を嫌うので、植えつけ場所に苦土石灰を1㎡当たり50~100gはすき込むようにします。順調に生育すると草丈70~80cmほどになるので、風当たりの強い場所では支柱を立てると安心です。ミハスシリーズは上部分枝は旺盛ですが、基部分枝はやや弱いので摘芯はおすすめできません。暖かい地域の秋植えでは、霜よけなどを準備すると安心です。老化苗を植えつけると、草丈やボリュームが低下するので適期に植えつけます。

病害虫・生理障害

苦土石灰のすき込みはチップバーン(石灰欠乏による葉先枯症)の被害を軽減する効果もあります。また、栽培が春から夏の高温時期であるため、アブラムシ、アオムシエカキムシなどの害虫予防が必要です。植えつけ前に土にすきこむ顆粒状の殺虫剤に加え、定期的に薬剤散布します。雨が少ない乾燥期にはハダニの注意も必要です。

楽しみ方など

一般的に切り花にして楽しみますが、マーガレットを思わせるシンプルな一重の花はかわいらしさもアレンジします。また、花壇の背景に植え込むと草丈の高さが存在感を増幅させます。9~10.5cmの小鉢で栽培すると草丈も低くなり、プランターや寄せ植えにしても楽しむことができます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

シリーズ商品の紹介

マーガレット アスター ミハス ホワイト
品種名 マーガレット アスター ミハス ホワイト
ポイント 清楚な白色
マーガレット アスター ミハス ライトブルー
品種名 マーガレット アスター ミハス ライトブルー
ポイント 明るい青色
マーガレット アスター ミハス シリーズ
品目 アスター
品種 マーガレットアスター
原産地 中国北部
科・属名 キク科エゾギク属

マーガレット アスター ミハス シリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

マーガレット アスター ミハス シリーズの栽培Q&A

Q庭植えの苗が、地際から葉が枯れてきました。
A下葉が少々枯れるのは、葉の老化や表土の泥はねなどが原因と考えられます。敷きワラなどをして泥はねを防ぎます。苗の枯死までいくと、アスター立枯病およびアスター萎凋病の可能性があります。アスターは連作を非常に嫌う植物です。アスター類の栽培を休む期間は、5年とも10年とも言われているほどです。病気の予防は、登録農薬(殺菌剤)の適正使用をおすすめします。
Q草丈が伸びないで、低く咲いてしまいます。
Aやや乾燥した場所を好みますが、苗の状態で乾燥が続くと、草丈が十分に伸びないで花が咲いてしまいます。蕾がつくまでは、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりし、蕾が見えてきたらやや乾燥気味にします。発芽後の肥料不足や、移植の遅れも原因のひとつです。肥料は植えつける際に、ゆっくりと効くタイプを土に混ぜ込んでおきます。追肥は速効性肥料を1か月に1回株元に与えるか、液肥を1週間に1回与えます。肥料は蕾がたくさんつくころまで続けます。
Qタネまき後、十分に水を与えたのに発芽しません。
Aタネまき後の急激な水やりは逆効果で、タネはゆっくり吸水させることがポイントです。タネまき前の用土には、適度な湿り気をもたせ、タネまき後すぐには水やりをしないで、1日後に水やりをするのが発芽をよくするポイントです。発芽まで(3~4日)は水やりを控えめにして、発芽がそろったら一般の管理でよいです。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.