タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. インパチエンス インパクト シリーズ

インパチエンス インパクト シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「インパチエンス インパクト シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品は販売終了いたしました。

特長

サカタのタネが育成した品種で、真夏の暑さにも耐える花径4cmほどの大輪種です。開花が早く多花性で花期が長いのが特長です。また、半日陰で管理するとみごとに生育します。

栽培環境

南アフリカのザンジバル島原産の春まき1年草です。耐暑性は非常に強いですが、直射日光の当たるところよりも半日陰や木陰の環境を好みます。輝くような花色や艶のある葉はこのような環境下でより発揮します。乾燥地を嫌うので、湿り気のある場所や敷きワラで水分を保つようにします。

タネまき~植えつけ

発芽適温は25℃前後と高く、八重桜が咲くころがタネまきの適期です。発芽時、特に水分を必要とするので表面を軽くほぐしたピートバンにタネが重ならないようにバラまきにして、発芽するまで水を切らさないように底面給水します。好光性種子なので土はかぶせません。発芽がそろったら水を控え、苗の込み合うところは間引きます。本葉が2~3枚になったころ、根を切らないように注意して小鉢に植え替えます。肥沃な用土腐葉土を20%ほど混ぜた水もちのある鉢土に植えると、生育がよくなります。花壇では1㎡当たり完熟堆肥約5kg、化成肥料約50g(約2握り)、腐葉土約1/2袋をすき込み、株間約30cmで植えつけます。コンテナや鉢植えでは木陰や半日陰の場所に置いて管理します。

管理のポイント

日当たりのよい花壇では必ず敷きワラをして乾燥を防ぐようにします。水やりは日差しの強い日中を避けて夕方にたっぷりと行います。生育して大きくなると株が割れるように草姿が乱れます。ちょっとかわいそうですが、株の高さの1/2ほどのところで切り戻しをすると再度整った草姿になります。霜の降りるころまで咲き続けるので、定期的に追肥をします。

病害虫・生理障害

アオムシやヨトウムシなどの害虫防除、密植による風とおしの悪さによる灰色かび病や菌核病に注意します。

楽しみ方など

株間を30cm以上とり、広く植えつけると半円形の整った草姿が見られます。寄せ植えの場合は、ベゴニア、センパフローレンス、コリウスなど同じ環境を好む種類と一緒に植えます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

インパチエンス インパクト シリーズ
品目 インパチェンス(インパチエンス)
原産地 南アフリカ
科・属名 ツリフネソウ科インパチエンス属

インパチエンス インパクト シリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

インパチエンス インパクト シリーズの栽培Q&A

Q株元から枝が腐ってきて、株全体が枯れてしまいました。
A地際の茎が褐色~黒褐色に変色し、腐敗することがあります。これは株が繁茂することにより、株間が多湿となることが原因で発生します。対策は、込み合った茎を間引いて通風をよくすることです。病気にかかった株は早めに除去します。
Q梅雨ごろはよく咲いていた庭植え株が、真夏に花が咲かなくなりました。
Aインパチェンスは暑すぎない環境を好みます。真夏の暑さで、いったん開花を休むことがあるので、この間に株のバランス・草姿を見て株の切り戻しをしておきます。水やりも適度にし、過乾過湿に気をつけます。秋になれば元気を取り戻し、再び花が咲き出します。
Q室内で育てた鉢植えが、伸びすぎています。
A室内に置いて育てるときは、明るい場所が好適です。室内では日照が不足するので、どうしても株は徒長ぎみになります。まめに外に出すようにします。枝が伸びすぎて草姿が乱れたときは、株の切り戻しをします。全体の1/2~2/3ほどにします。やがて枝から新芽が吹き、こんもりとした姿形になります。耐寒性は弱いので、冬は10℃以上保てる明るい室内に置きます。
Qタネまきのポイントを教えてください。
A発芽適温は25℃と高いので、あまり早まきせず、室内でまく場合でも4月以降にまくのが安全です。
タネは細かく好光性種子のため、ピートバンなどにタネまきして、覆土はしません。発芽するまでは乾燥させないようにし、霧吹きなどで水をやります。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.