タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. カンパニュラ メイ シリーズ

カンパニュラ メイ シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「カンパニュラ メイ シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

秋まきでも翌春に開花する秋まき1年草タイプで、切り花スタイル、株のそろいが非常によい品種です。加温ハウスによる促成栽培は8月中旬以前に播種し、年内は自然の低温にあわせ、年明け後に加温と、電照による16時間の日長になるよう調整します。
※抽だい時の乾燥、水不足、高地温は不抽だいの原因となるので、注意してください。

用途

切り花、花壇苗

作型

無加温施設内は季咲で、加温施設内は促成栽培です。

播種

5~9月まきです。9月まきでは季咲き開花です。
発芽適温20℃前後、発芽日数7~10日。
「苗当番 タネまき用」などの播種専用培養土を使用し、セルトレー利用が理想です。

育苗

生育適温は15℃前後で、高温期は徒長に注意し、寒冷紗などで管理してください。
「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に土壌改良材を加えよくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用します。

定植

摘芯栽培で、20cm×20cm程度の株間が標準です。無摘芯では15cm程度です。

培養土

定植床には完熟堆肥などの有機質を入れ土壌消毒が理想で、「バイテクバイオエース®」「リフレッシュ®」などの土壌改良材を加え活性力のある用土にします。

肥料

前作の肥料残効量を考慮し、EC0.5を目安とします。
基肥主体とし、標準施肥量N,P,K各1kg/a内外です。
多肥栽培では葉がしげり、草姿が乱れやすいので注意してください。
株の状態で判断し「ペンタキープG」「鉄力あくあ™F10」「有機の液肥 ネイチャーエイド」「ホストップ 亜リン酸液肥 (0-25-20)」などの液肥でコントロールしてください。

栽培

花芽分化に低温を必要とします。低温期までに大きな株とします。
タネまきは低温期の100日程度前には終わらせます。暖地では9月中が限界です。
低温遭遇期間は5℃以下の自然環境で60日程度です。
長日開花性であり、短日期の開花では16時間程度の長日と12℃以上の加温が必要です。
摘芯栽培が基本です。抽苔確認後速やかに摘芯してください。
草姿の乱れをさけるため、花芽肥大確認後に電照は中止してください。

病虫害

高温育苗時に立枯病が発生しやすいので、殺菌剤で予防してください。

採花

第1花開花時期。

備考

適度に育った苗が低温に遭遇しないと花芽形成されません。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 
※栽培暦のマーク説明はこちら

販促ツールのご紹介

販促ツールはこちらのページでご紹介しています。ご利用ください。

http://www.sakataseed.co.jp/product/professional/promotion_flower/index.html

シリーズ商品の紹介

カンパニュラ メイ パープル
品種名 カンパニュラ メイ パープル
ポイント 濃青紫色です。花も葉もやや小型で密につきます。
販売単位 1ml
カンパニュラ メイ パープル マーデン
品種名 カンパニュラ メイ パープル マーデン
ポイント 赤紫色で、先端が濃く元のほうが淡い色です。
販売単位 1ml
カンパニュラ メイ ピンク
品種名 カンパニュラ メイ ピンク
ポイント 鮮桃色で、メイシリーズ中最も大輪の品種です。性質は強健です。
販売単位 1ml
カンパニュラ メイ ブルー
品種名 カンパニュラ メイ ブルー
ポイント 淡紫青色です。
販売単位 1ml
カンパニュラ メイ ホワイト
品種名 カンパニュラ メイ ホワイト
ポイント 純白色です。花つき・切り花の草姿がよく、つくりやすい品種です。
販売単位 1ml
カンパニュラ メイ シリーズ
品目 カンパニュラ
原産地 南ヨーロッパ
科・属名 キキョウ科カンパヌラ属

カンパニュラ メイ シリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ 各品種別品単
セルトップ苗  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.