タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. 千日紅 バディー シリーズ

千日紅 バディー シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「千日紅 バディー シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

草丈約20cmでコンパクトな草姿がくずれにくい、わい性品種。キュートなかわいらしい花は、真夏の暑い時期でも咲き続け、花壇やコンテナ植えで長い間楽しめます。

栽培環境

熱帯アメリカ原産の春まき1年草です。土質を選ばず、真夏の暑さに負けない丈夫で育てやすい花です。日当たりと水はけがよく、やや乾燥した場所を好みます。霜が降りるころまで咲き続ける観賞期間の長い花です。

タネまき~植えつけ

発芽適温が20~25℃と高いので、桜の散るころからがタネまきの適期です。夜間冷えるときは、保温して速やかに発芽するように気温に注意します。清潔で水はけのよい土を使い、128穴のセルトレーでは2粒ずつまき、播種箱ではタネが重ならないようにバラまきにして5mmほどの土をかぶせ、たっぷりと水やりします。本葉が2~3枚になったころ肥えた水はけのよい土を入れた小鉢に植え替えます。植えつけは日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約5kg、腐葉土約1/3袋の有機質に加え、化成肥料を約30g(約1握り)、苦土石灰約100gほどを入れ、深く耕し株間は約20cmにします。

管理のポイント

発芽がそろったころから、日当たりと風とおしのよい場所に移して、乾かしぎみにして、苗が徒長しないように注意します。植え替えは根を切らないように注意して、小鉢に浅植えにします。小鉢の日当たりと風とおしのよいところで、乾かしぎみに管理します。植えつけは完熟堆肥腐葉土ピートの有機質を多く入れ化成肥料は控えめにして植えます。大型のコンテナで5~8株、12cm鉢で1株が標準です。霜が降りるころまで咲き続けるので、様子を見て月に1度追肥します。

病害虫・生理障害

植えつけ時のヨトウムシやネキリムシ、高温乾燥期のハダニに注意します。

楽しみ方など

コンテナに植えて配置を考えたディスプレーが楽しいです。草丈は約20cmで一輪挿しでもアレンジでも使えます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

シリーズ商品の紹介

千日紅 バディー ミックス
品種名 千日紅 バディー ミックス
ポイント バディーシリーズの混合
千日紅 バディー シリーズ
品目 センニチコウ(千日紅)
原産地 熱帯アメリカ
科・属名 ヒユ科センニチコウ属

千日紅 バディー シリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

千日紅 バディー シリーズの栽培Q&A

Qドライフラワー用の花は、いつごろ切ってどのようにしたらよいですか?
A花が大きくなって、十分に色づいてから花枝を切ってください。葉を取り除いて束ね、風通しのよい室内で逆さに吊るして乾燥させます。咲き過ぎた花は乾燥途中で、茎から落ちやすくなります。
Qプランター植えの株が花の咲き始めたころから、しおれて元気がありません。水は十分与えているのですが回復しません。
A土の過湿による根傷みが考えられます。センニチコウは水はけのよい土を好みます。水を控えて様子をみてください。
Q園芸書にはタネはまく前に、砂でよくもんでからまくと書いてありましたが、種子袋には説明がありません。このまままいてもよいのですか?
Aセンニチコウのタネは綿毛に覆われています。砂でもむのはタネの綿毛を取り除いて、水を吸いやすくするためです。販売種子はすでに綿毛を除いてありますので、そのまままいて差し支えありません。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.