タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ビオラ フルーナ® シリーズ

ビオラ フルーナ® シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ビオラ フルーナ® シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

花径約3cmの小輪で、花弁の厚い花が、コンパクトな草姿に寒い冬の間もよく咲きます。開花が早く、春まで咲き続けるLR(ロングラン)ビオラです。

栽培環境

北ヨーロッパ原産の耐寒性1年草です。冬の低温短日期の悪い条件下でも春まで咲き続けるフルーナは、サカタのタネが開発した品種です。早生性が強く、極多花性の品種です。丈夫で育てやすい花です。日当たりと水はけのよい環境を好みます。

タネまき~植えつけ

発芽適温は20℃前後で、30℃以上では極端に発芽が悪くなります。寒い地域では夏、暖かい地域では初秋のころ、風とおしのよい日陰の涼しい場所でタネまきします。ピートバンではタネが重ならないようにバラまきに、128穴のセルトレーでは清潔な用土を使い各セルに2粒まきにし、タネが隠れるように2mmほど土をかぶせ、たっぷりと水やりします。約2週間後、発芽がそろったら徐々に日に当て、苗が徒長しないように水やりをやや控えて管理します。本葉が2~3枚になったころ肥えた水はけのよい土を入れた9cmポットに植え替えます。日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約5kg、化成肥料約50g(約2握り)、苦土石灰約100gをすき込み、株間は約20cmで植えつけます。60cmほどの大きいプランターでは8~10株、12cm鉢では1株が標準です。

管理のポイント

発芽適温にデリケートなので、気温に注意して環境を整えます。植え替え後は、日当たりと風とおしのよいところで苗が徒長しないように水を控えた管理をします。ポットに根が回ったころ浅植えにして植えつけます。コンテナの用土は、市販の培養土腐葉土ピートを各10%、赤玉土の小粒を20%を混ぜて、水もちと水はけのよい土にします。秋の植えつけは早めに終わらせ、寒さが来る前に十分根を張らせます。観賞期間が長いので、1株当たり2~3gの化成肥料を定期的に施します。寒い地域では春まきもできますが、夏まきにして鉢植えで冬越しした後、早春に植えつけたほうがしっかりした株になります。非常に多花性の品種で、実ったタネは小まめに摘みとります。

病害虫・生理障害

植えつけ時のヨトウムシやネキリムシ、春先のアブラムシやアオムシに注意して、定期的に殺虫剤散布します。長雨のときは灰色かび病の予防で殺菌剤も併用します。

楽しみ方など

ビオラの品種は、ほかにも小輪多花性のニューサビックやユニークな草姿でおなじみのビオレット、フローレなどあります。パンジーも加えて、花壇や寄せ植えで楽しめます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

シリーズ商品の紹介

ビオラ フルーナ® アプリコットシェード
品種名 ビオラ フルーナ® アプリコットシェード
ポイント アプリコットを基調とした色幅あり
ビオラ フルーナ® イエロー
品種名 ビオラ フルーナ® イエロー
ポイント 黄色
ビオラ フルーナ® オレンジ
品種名 ビオラ フルーナ® オレンジ
ポイント オレンジ色
ビオラ フルーナ® パープル
品種名 ビオラ フルーナ® パープル
ポイント 濃い紫色
ビオラ フルーナ® ホワイト
品種名 ビオラ フルーナ® ホワイト
ポイント 白色
ビオラ フルーナ® ライトブルー
品種名 ビオラ フルーナ® ライトブルー
ポイント 青色
ビオラ フルーナ® ラベンダーピンク
品種名 ビオラ フルーナ® ラベンダーピンク
ポイント 桃色がかった淡い青紫。色幅あり。
ビオラ フルーナ® レッドブロッチ
品種名 ビオラ フルーナ® レッドブロッチ
ポイント ブロッチ(目)の入った赤色
ビオラ フルーナ® ミックス
品種名 ビオラ フルーナ® ミックス
ポイント 混合
ビオラ フルーナ® シリーズ
品目 ビオラ
原産地 北ヨーロッパ
科・属名 スミレ科スミレ属

ビオラ フルーナ® シリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

ビオラ フルーナ® シリーズの栽培Q&A

Q真夏にタネをまいて、早く花を咲かせたいのですが?
A発芽適温は20℃前後です。年内からの開花を望まれるのでしたら、日中の高温を避けて、涼しい場所で発芽させます。
Q苗が徒長してしまいました。
A著しい徒長でなければ回復します。雨の当たらない明るい場所で管理します。双葉が出た後の水やりは控えめにし、1週間に1回くらい液肥の1,000倍液を水やり代わりに与えます。
Qタネを遅くまいたので、まだ苗が大きくありません。冬の管理はどうしたらよいでしょうか?
A苗が小さい場合は(本葉が10枚以内)霜に当てないように保護してください。花壇などに植えている場合は、不織布などをトンネル被服すると防寒効果があります。水切れに注意し、できれば雨に当らない、明るい場所で育てましょう。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.