タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. プリムラ ポリアンタ サミットシリーズ

プリムラ ポリアンタ サミットシリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「プリムラ ポリアンタ サミットシリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

この商品は販売終了いたしました。

特長

花径約6cmで、株の中心部から茎が伸び、四方に厚く整った花弁の花が咲きます。12月ごろから咲く早咲き品種で、花色は濃桃色に大きく黄緑色の目が入ります。

栽培環境

ヨーロッパ原産の耐寒性1~2年草です。サクラソウの仲間では比較的寒さに強い花です。暖かい地域では日だまりで管理すると、早春のころから咲き始めます。日当たりと水はけのよい環境を好みます。肥えた水もちのよい用土を好みます。室内では日当たりのよい窓辺で管理します。

タネまき~植えつけ

タネまきは暑さの厳しい真夏の時期を避けます。発芽適温は15~20℃です。ピートバンや清潔な土を入れた播種箱の表面に細かくしたミズゴケを薄く敷きつめて、タネが重ならないようにバラまきします。好光性種子なので、土をかぶせません。底面給水または霧吹きで水やりし、発芽まで乾かさないようにします。本葉が2~3枚になったころ肥えた土を入れた小鉢に植え替えます。夏は風とおしのよい涼しい場所で管理します。日当たりと水はけのよい場所に、1㎡当たり完熟堆肥約3kg、腐葉土約1/2袋の有機質に加え、化成肥料約30g(約1握り)、苦土石灰約100gを深くすき込み、株間20cmほどで植えつけます。花壇よりもコンテナに植えた方が管理しやすいです。コンテナの用土は、市販の用土腐葉土と赤玉土の小粒を各20%ほど混ぜ水もちと水もちをよくします。

管理のポイント

タネの乾きを嫌うので、土まきでは表面に細かくしたミズゴケを薄く敷いてタネが何時も湿っているようにまくと発芽がそろいます。充実した株で開花させるには、真夏の暑さを迎える前に本葉5~6枚の株に生育させると夏越しを容易にします。涼しい環境で管理すると健康な株になります。株がしおれるほど乾かすと葉が傷みやすいので、水やりに注意します。涼しさを感じるころに日当たりのよい場所に浅植えにします。寒い地域の冬越しや小苗での管理は日当たりのよい日だまりの暖かいところや土が凍らない窓辺で保温して管理します。12cm鉢では1株植えが標準です。長い期間観賞するので定期的に追肥します。

病害虫・生理障害

秋のヨトウムシやアオムシ、春先のアブラムシや温室コナジラミ(白い小さな虫)に注意します。定期的に薬剤散布します。不潔な用土や水はけが悪いと根腐れが起きやすくなります。

楽しみ方など

鉢植えやコンテナに寄せ植えも楽しいです。開花時期は暖かい窓辺に置いて飾ります。花をよく見るとめしべの長い(長柱花)株と短い(短柱花)株があります。よく観察して見てください。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

プリムラ ポリアンタ サミットシリーズ
品目 プリムラ
品種 ポリアンタ
原産地 ヨーロッパ
科・属名 サクラソウ科プリムラ属

プリムラ ポリアンタ サミットシリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

プリムラ ポリアンタ サミットシリーズの栽培Q&A

Q蕾が見えてきましたが、なかなか花茎が伸びません。
A根の生育が悪いと、花茎が伸びません。また密植でも伸びにくくなります。水はけと水もちのよい肥えた土に植えて、日当りのよい場所で育てます。なお品種により花茎の伸びに差があります。
Q下葉が黄色くなって、生育がよくありません。
A葉裏にアブラムシが発生していませんか?またハダニが発生すると葉は厚みを帯び、下葉が傷むことがあります。また、ネキリムシの被害で根が切られたり、風通しが悪いと下葉から枯れてきます。
Q翌年も花を楽しむには、どうしたらよいですか?
A夏の暑さには弱いので、一般には1年草と考えます。風通しがよく半日陰で、過湿にならない環境では、株が枯れずに夏越しをすることができます。秋に生育が始まったら、追肥をします。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.