タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. コンテナスイートピー シリーズ

コンテナスイートピー シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「コンテナスイートピー シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

コンテナ、大鉢、つり鉢向きのわい性品種です。支柱やネットを張らずに枝を自由に伸ばせます。特に香りが強く、花径約3cmの小輪の混合種です。

栽培環境

イタリア、シチリア島原産の耐寒性1年草です。日当たりと水はけのよい場所を好みます。酸性土を嫌うので、苦土石灰や消石灰で土を中和したところに植えます。強い霜にあたると葉が痛むので、日だまりで管理します。

タネまき~植えつけ

寒い地域では桜の咲くころの春まき、暖い地域では涼しくなったころに秋まきします。ジフィーセブンや9cmポットにやや湿らせた清潔な土を入れ、1cmほどの深さに2~3粒のタネをまきます。タネまき後、一気に吸水すると発芽がそろわないので翌日に水やりします。発芽後は日当たりと風とおしのよい場所で健康な苗に育てます。鉢に根が回ったころ植えつけます。プランター用土は市販の20L袋あたりに苦土石灰を軽く1握り(30~50g)ほどをよく混ぜて使います。花壇植えでは1㎡当たり100~200gをすき込み、株間約30cmで植えつけます。

管理のポイント

春まきでは、タネまきが遅れると夏の暑さで株が傷むので注意します。植えつけ後本葉5~6節で摘芯すると分枝が多くこんもりとした草姿になります。コンテナでは18cm鉢に1本植えが標準で、30cm鉢ほどの大きさのコンテナに植えるとボリュームのある株に生育します。寒い地域の秋まきでも土が凍らないように保温して冬越しすると、春に大きな株でいっぱいの花を咲かせます。

病害虫・生理障害

春先の気温の上昇とともにアブラムシやうどんこ病が出やすいので殺虫剤、殺菌剤を定期的に散布します。

楽しみ方など

無支柱で鉢植え栽培ができるので、庭の無い方でも楽しめます。日当たりのよい場所であればどこにでも飾ることができます。香りも強いので、室内で一輪挿しを楽しめます。

栽培暦

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

シリーズ商品の紹介

コンテナスイートピー キューピッド ミックス
品種名 コンテナスイートピー キューピッド ミックス
ポイント 混合種
コンテナスイートピー シリーズ
品目 スイートピー
原産地 イタリア シチリア島
科・属名 マメ科ラティルス属

コンテナスイートピー シリーズを買う

サカタのタネ オンラインショップでの取り扱いは下記のボタンからご確認できます。

オンラインショップで購入する

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

実咲シリーズ  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

コンテナスイートピー シリーズの栽培Q&A

Qまく前にタネは水につけて吸水させると聞きましたが、タネ袋には説明がありません。
Aスイートピーは皮がかたい種子ですが、水につけ過ぎると腐りやすくなったり、タネが窒息して発芽しなくなります。水につけずにまいてください。タネまき後は土を過湿にしないように注意します。
Qせっかくついた蕾が、咲かないで落ちてしまいます。
A日照不足か窒素過多が原因と考えられます。開花期に曇天が続くと、落蕾してしまうくらいなので、鉢植えを室内に置いたりすると落ちやすくなります。マメ科植物は窒素過多を嫌うので、元肥にはP(リン酸)とK(カリ)分の多い肥料を使うとよいです。
Q昨年と同じ場所に植えていますが、今年はよく育ちません。
A同じ土に続けて植えると連作障害(いや地)によって、生育が悪くなったり、立枯病が起きやすくなります。庭植えでは1度植えた場所は、5年は植えつけを避けます。次回は植え場所を変えるか、培養土を変えてください。

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.