タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. 商品情報いろいろ検索>
  3. ジプシー シリーズ

ジプシー シリーズ

  • プロのかた向け
  • 一般のかた向け

「ジプシー シリーズの特徴や育て方のポイントをご紹介」

特長

ナデシコ科カスミソウ属の1年草で、草丈が低く花壇・コンテナ用に好適なカスミソウ。
コンパクトな草姿に、花径6~8㎜のかわいらしい花が株一面に咲く、草丈25~30㎝程度の
わい性品種です。従来種の「ガーデンブライド」よりもコンパクトにまとまり、コンテナ、鉢、花壇、ハンギングバスケットなどで幅広く楽しめます。

用途

ポット苗、鉢物

作型

春出荷用に、秋から早春播きが基本。夏、冷涼な地域では秋出荷も可能。

播種

夏~春。発芽適温20℃、発芽日数7日。
「苗当番 タネまき用」などの播種用土を使用、セルトレーまきが理想。覆土不要。

育苗

生育適温15~20℃。
「苗当番 育苗用」などの培養土、または消毒済み用土に「バイオエース」、「ミリオン」などの土壌改良材を加え、よくなじませた保水、排水性よく活性力のある配合土を使用する。

定植

開花ポット苗では9~10.5cmポットに1株またはマルチペレット管理。

肥料

草花一般施肥
株の状態で判断し「ペンタキープG」「鉄力あくあ™F14」「有機の液肥 ネイチャーエイド」「ホストップ 亜リン酸液肥 (0-25-20)」などの液肥でコントロールしてください。

栽培

極端な暑さ寒さにも強い一年草。開花は高温、長日で優先する。
春出荷では加温室内栽培が基本。栽培温度は12℃程度が理想で最低8℃程度。
発芽後は水を控え、徒長や立ち枯れなどの病気を避け、日当たり良い環境で管理する。
育苗中は潅水代わりに、適宜薄く希釈した液肥を与える。
極端な高温、過湿、乾燥は、生育が悪くなり病気の発生の原因となるため注意する。
摘芯栽培。育苗期間中は温度、潅水、株間などでコントロールし徒長を防ぐ。

病虫害

灰色カビ、立ち枯れ、アブラムシ、スリップスに注意する。

出荷

ポットでは天花開花時より。

備考

播種が遅れると貧弱株での開花となるので注意する。

栽培暦

シリーズ商品の紹介

ジプシー ホワイト
品種名 ジプシー ホワイト
ポイント 一重の白花です。コンテナガーデンとして他の植物とも合わせやすく、幅広い用途に利用できます。分枝が旺盛でコンパクトな草姿となります。
販売単位 1000粒(ノーマル、マルチペレットシード)
ジプシー ディープローズ
品種名 ジプシー ディープローズ
ポイント 「ジプシー ピンク」より若干早生となります。
販売単位 1000粒(ノーマル、マルチペレットシード)
ジプシー シリーズ
品目 ジプソフィラ(かすみ草)
原産地 ヨーロッパ
科・属名 ナデシコ科カスミソウ属

ジプシー シリーズを買う

取り扱い販売店では次の単位で販売しています。

1000粒(ノーマル、マルチペレットシード)  
取り扱い販売店検索へ

※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。

このページを印刷する

■同じ品目の他の商品

関連する商品を見る

「花」の商品一覧を見る


タネ屋の仕事は、ずっと実りある世界を作り続けること。サカタのタネの仕事については、こちらをご覧ください。

「サカタのタネの仕事」サカタのタネってどんな会社?

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.