接木とは

(つきぎ)
土壌病害を防ぐため、寒さに強くするため、収量を上げるために行います。病気に強く、生育旺盛な品種を台木にします。トマト、キュウリ、ナス、スイカなど果菜類の栽培に用いられます。

サカタのタネ用語集