摘芯とは

(てきしん)
茎の先端部分を摘み、植物の成長を止めたり、あるいは枝葉を増やすために行う操作のことです。

サカタのタネ用語集