緩効性肥料とは

(かんこうせいひりょう)
肥料成分が長期間に渡って溶け出し、効果が長く持続する肥料のことです。固形肥料がこれにあたります。

サカタのタネ用語集