節間とは

(せっかん)
葉が茎につく部分を「節」といい、節と節の間を「節間」といいます。

サカタのタネ用語集