団粒構造とは

(だんりゅうこうぞう)
土の粒子が集まって、団粒をつくり、この団粒がさらに集まった状態のことです。粒子のすき間が水分や空気の通り道となり、植物の生育に適した土となります。

サカタのタネ用語集