タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. トピックス>
  3. 2012>
  4. 横浜市中央卸売市場の初競りで、サカタのタネの新品種を満載した宝船が出荷されました!

トピックス|2012

横浜市中央卸売市場の初競りで、サカタのタネの新品種を満載した宝船が出荷されました!

2012年01月12日

横浜市中央卸売市場本場の2012年初競りで、サカタのタネの新品種を満載した縁起物の宝船が出荷され、新春ならではの高値で落札されました。

宝船は青果市場の初競りにつきものの縁起物です。大きな船形にたくさんの種類の旬の野菜や果物が彩りよく盛られ、おめでたい植物や、縁起を担いだ装飾品で飾りつけられ、船ごと競り落とされます。かつては宝船の前で鏡割りをし、一年の商売繁盛と五穀豊穣を願ったのだそうです。

宝船を製作するには技術が必要なため、出荷できる生産者も年々減っているそうですが、横浜市中央卸売市場の卸売会社・金港青果株式会社では、同社に横浜市内産野菜を出荷している金港青果出荷組合連合会の生産者の協力を仰ぎ、しばらく出荷されていなかった宝船の復活に取り組んでいます。2012年の宝船は、変わりダネの野菜も盛り込んでにぎやかにしようということになり、弊社も地元横浜の種苗メーカーとしてご協力させていただくことになりました。

昨年秋、協力生産者の畑で宝船に向けた新品種の栽培が始まりました。例年になく暖かい気候で生育が前進し、宝船に乗せる前に収穫適期が過ぎてしまうのではないかと心配されましたが、そこはさすが野菜づくりのプロ、少しずつ時期をずらして栽培いただいたことで、無事に宝船用の色とりどりの野菜がそろいました。

初競り前日の1月4日には、協力生産者と金港青果社員の皆さん、総勢20名以上で宝船の製作が行われました。6時間余りの作業で、大船1台、小船2台、ハクサイの宝船4台が見事完成。翌早朝の初競りでは、高値で競り落とされるたびに拍手が起こり、にぎやかな市場の年明けとなりました。

 

宝船の製作開始

 

野菜の乗船を待つ宝船

 

「ゆめいろハクサイ・タイニーシュシュ」

 

鮮やかな朱赤が目を引く「紅化粧」ダイコン

 

新春らしい上品な紫の「あやめ雪」カブ

 

宝船の盛りつけが始まりました

 

どんどん盛りつけられます

 

 

「タイニーシュシュ」や「あやめ雪」満載です

 

船の帆に見立てたのし餅や稲穂も飾りつけられました

 

こちらは米俵に見立てたハクサイの宝船
品種は「富風」です

 

ハクサイ宝船に飾られている大綱も手づくり。和柄の布の中にもみがらが詰められています

 

ハクサイは割り竹で固定されます

 

フォークリフトで慎重に競り台へ運ばれます

 

竹や松、千両、金柑(キンカン)などを飾りつけて最後の仕上げ

 

扇や鏡餅、樽酒も添えて、完成です!

 

ハクサイの宝船もおかめとひょっとこがにぎやかに飾られました

 

初競りが始まりました

 

大船の競りが始まり、大詰めに

 

競り落とした仲卸さんの店頭に早速飾られていました

 

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.