タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. トピックス>
  3. 2012>
  4. 神奈川県立相模原公園で10月12~14日に『トルコギキョウ展2012~ロマンチックブライダル~』を開催

トピックス|2012

神奈川県立相模原公園で10月12~14日に『トルコギキョウ展2012~ロマンチックブライダル~』を開催

2012年09月28日

当社は、公益財団法人神奈川県公園協会と指定管理者制度※1において、県内最大級の「県立相模原公園」の管理運営業務を共同で行っています。その一環としてさまざまな特別展示企画を実施、来場者に好評を博しています。

10月12日(金)から14日(日)まで、大温室「サカタのタネ グリーンハウス」において、特別企画『トルコギキョウ展2012~ロマンチックブライダル』と題したイベントを開催します。イベントは「カラーパレット」「ブーケスタイル」をテーマに、トルコギキョウの切り花約1,500本を使用し、多彩なブライダルシーンを提案します。展示品種は、最大で花径10~12㎝にもなる巨大輪の「レイナ ホワイト」、ブライダルシーンに使いやすい中輪の「マリア ホワイト」のほか、2012年の新品種「ボヤージュ ライトアプリコット」「カルメン カシス」などを予定しています。会期中は、限定100セットの切り花即売会も行います。

なお、同イベントのポスターは、神奈川県立相模原公園に隣接する女子美術大学(学長:横山勝樹氏)に在籍している、芸術学部アート・デザイン表現学科3年の岩田理沙さんがデザインしたものです。

『トルコギキョウ展』は、今回で3年連続の開催となります。昨年は、「ブライダル」にテーマを絞って展示をしたことや、女子美術大学の学生さんのイラストよるポスターが好評を得たため、2010年の同イベント時の来場者数と比較して約1.4倍にもなりました。

また会期中には、同公園内に植栽されている約2,000株の「フォーチュン ベゴニア※2」も見ごろを迎える予定です。『トルコギキョウ展』にお越しの際は、そちらもあわせてご覧ください。

 

 

■『トルコギキョウ展2012~ロマンチックブライダル~』の概要
主  催:
公益財団法人神奈川県公園協会・株式会社サカタのタネ グループ 

日  時:
2012年10月12日(金)~14日(日) 9時30分~16時30分(入館は16:00まで)

場  所:
県立相模原公園内「サカタのタネ グリーンハウス」
相模原市南区麻溝台1889
※アクセスなどにつきましては、同公園のホームページをご覧ください。
 http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp/

入 館 料:
大人(18歳以上)   200円
65歳以上、高校生以下 無料

内  容:
①1階アトリウム、階段、2階ギャラリーにて下記2つのテーマでのトルコギキョウによる装飾展示 
「カラーパレット」
トルコギキョウの多彩なバリエーションを「カラーパレット」と題して花色の紹介や組み合わせをご提案

「ブーケスタイル」
本物のウエディングドレスやカラードレスとともに、トルコギキョウを使った
さまざまなブーケスタイルを紹介
       
②サカタのタネが開発したトルコギキョウの切り花展示

③トルコギキョウの歴史や品種について紹介するパネル展示

④トルコギキョウの切り花の即売会

装  飾:フルール ラシューム(所在地:横浜市都筑区)

※1 指定管理者制度:
2003年6月の地方自治法改正により創設された、公の施設の管理運営に関する制度。今まで、施設の管理委託先は、地方公共団体の出資法人や公共的団体などに限られていたが、この制度の創設により民間事業者などの団体も含めて選考することができるようになった。同制度の導入の目的は、公の施設の管理については、地方公共団体が出資する法人や公共的団体以外の団体でも十分なサービス提供能力を有すると認められるものが増加し、また、多様化する住民ニーズに対応するためには、このような民間事業者などが有する経営ノウハウを活用したほうがより効果的であると考えられる事例も増加してきたことから、民間参入の具体的な施策として制度化された。同制度の導入により、施設を活用した新たな事業やサービスの実施、施設のより効果的な管理を提案、実施してもらうことで、施設の活性化や住民サービスを向上させることをねらいとしている。

※2 フォーチュン ベゴニア:
温暖地で秋と春に簡単に栽培できる新しいタイプの球根ベゴニア。鮮やかな花色と、花径6~12㎝の中大輪の花弁が豪華な印象を与える草丈10~30㎝のわい性品種。従来の球根ベゴニアは、一つの花が咲き終わったあと次の花が開花するまでに間があいてしまうが、「フォーチュン ベゴニア」は連続開花性があるため、休むことなく次々と新しい花を咲かせる。また、本来球根ベゴニアは、日が短くなると花が咲きづらくなる性質があるが、同シリーズは短日開花性にも比較的優れることから、秋は9月中旬~12月中旬ごろまで長く咲き続け、寒さが増すごとに花が大きくなり、発色もよくなる。現在7品種で展開中。「フォーチュン スカーレット」は、「日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2011(最優秀賞)」を受賞している。

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.