タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ
サカタのタネ
  1. HOME>
  2. トピックス>
  3. 2013>
  4. 神奈川県立相模原公園で10月12~14日に『トルコギキョウ展2013~トルコギキョウで生活の中に潤いを~』を開催

トピックス|2013

神奈川県立相模原公園で10月12~14日に『トルコギキョウ展2013~トルコギキョウで生活の中に潤いを~』を開催

2013年09月26日

当社は、公益財団法人神奈川県公園協会と指定管理者制度において、県内最大級の「県立相模原公園」の管理運営業務を共同で行っています。その一環としてさまざまな特別展示企画を実施、来場者に好評を博しています。

10月12日(土)から14日(月・祝)の3日間、大温室「サカタのタネ グリーンハウス」において、特別企画『トルコギキョウ展2013~トルコギキョウで生活の中に潤いを~』と題したイベントを開催します。切り花約1,300本を使用し、トルコギキョウで彩る日常のさまざまなシーンを提案します。

展示品種は、花弁の巻きとフリンジが豪華な「ボン・ボヤージュ ホワイト」をはじめ、「ボヤージュ」シリーズ、「アンバーダブル」シリーズなど約30品種を予定しています。

13日(日)には「タネまきから始めよう!トルコギキョウ草花栽培」と題した講演会を実施し、栽培方法から、歴史、品種までトルコギキョウについて幅広く紹介します。講師は、サカタのタネOBであり同温室館長の菅野政夫です。

会期中は、限定100セットの切り花即売会や、神奈川県立相模原公園に隣接する女子美術大学(学長:横山勝樹氏)の学生らで結成された「トルコギキョウガールズ」との写真撮影会も開催します。

なお、同イベントのポスターは、女子美術大学に在籍している、芸術学部アート・デザイン表現学科4年の岩田理沙さんがデザインしたものです。

『トルコギキョウ展』は、今回で4年連続の開催となります。年々来場者が増加しており、2012年は2010年と比較して1.6倍にもなっています。

また会期中には、同公園内に植栽されている約2,000株の「フォーチュン ベゴニアも見ごろを迎える予定です。『トルコギキョウ展』にお越しの際は、そちらもあわせてご覧ください。


 

■『トルコギキョウ展2013~トルコギキョウで生活の中に潤いを~』の概要
主  催:公益財団法人神奈川県公園協会・株式会社サカタのタネ グループ 

日  時:2013年10月12日(土)~14日(月) 9時30分~16時30分(入館は16:00まで)

場  所:県立相模原公園内「サカタのタネ グリーンハウス」
相模原市南区麻溝台1889
※アクセスなどにつきましては、同公園のホームページをご覧ください。
 http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp/

入 館 料:大人(18歳以上)   200円
65歳以上、高校生以下 無料

内  容:
① 1階グリーンハウス入り口、アトリウム、階段にて、トルコギキョウの装飾展示        
② 2階ギャラリーにて、サカタのタネが開発したトルコギキョウの切り花展示
③ 1階シアターにて講演会「タネまきから始めよう!トルコギキョウ草花栽培」開催
 日時:10月13日(日)13:30~15:00
 内容:栽培方法、トルコギキョウの歴史、品種紹介
 講師:サカタのタネ グリーンハウス館長 菅野政夫
 収容人数:120名 
 参加費:無料(ただし、18~64歳の方は入館料200円が必要です)
 参加された方先着30名様にトルコギキョウ「ボヤージュ」シリーズのセル成型苗をプレゼント
④ 女子美術大学の学生らで結成された「トルコギキョウガールズ」との写真撮影
⑤ トルコギキョウの切り花、セル成型苗、「フォーチュンベゴニアの花苗即売会

装  飾:フルール ラシューム(所在地:横浜市都筑区)

 

ページの先頭へ

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.