サカタのタネ「タネ・苗・園芸用品・農業資材の総合案内」
トップページへ
アロハリリー
キューティーリリー
春一番チューリップ
宝箱チューリップ
ポットアマリリス
大人のブラック
夢色ダリア


宝箱チューリップヘッダー

原産地:中央アジア・地中海沿岸   科・属名:ユリ科 チューリップ属

チューリップとは
 
日本人に最もなじみの深い花の一つ、チューリップ。チューリップといえば、オランダが有名ですが、実はその起源である野生種は、トルコから中近東天山山脈の麓に分布し、約120~150種があるといわれています。そのうち、トルコには約14の野生種があり、古くからトルコ人はこの花に特別の愛情を持っていました。現在、世界中の人々を魅了するチューリップは、16世紀の初頭まで、ヨーロッパではまったく知られておらず、16世紀後半にトルコから伝えられました。その後、オランダに渡り、栽培、品種改良が始まり現在に至ります。日本には、江戸末期にフランスから渡来したと言われています。国内で本格的に商業生産が始まったのは、大正時代で、チューリップ栽培に適した気候風土を持ち合わせた、富山県、新潟県を中心に現在も栽培が続いています。

 

 
特徴
 
真っ先に花を咲かせるチューリップ。原種のグループに分類される、グレイギータイプとカウフマニアナタイプの混合で、普通のチューリップより草丈は低めですが存在感は抜群です。気候にもよりますが、早ければ3月中旬ころから花を咲かせます。庭植えや花壇植え、ロックガーデンがおすすめです。

 

レッドインプレッション   ピンクダイアモンド   ラルゴ   ストロングゴールド
レッドインプレッション   ピンクダイアモンド   ラルゴ   ストロングゴールド
             
その名のとおり、一番早く咲くといわれているチューリップ。赤と白のコントラストが特徴的です。   朱色と白の組み合わせが早春に映えるチューリップ。天気のよい日は花が大きく開き、上から見ると花の中心が黄色くとても鮮やかです。   赤と黄色のコントラストが美しい花。花弁の内側は黄色地で中央に赤のストライプが入ります。横からの姿だけではなく、上からの観賞も楽しい品種です。   活力に満ちた深紅で、葉には特徴的な模様が入るチューリップ。ジュリアスシーザーの名にふさわしい、魅力的で愛嬌のあるチューリップです。
 

詳しい栽培方法とQ&Aはこちらで

 

 

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.