サンパチェンス®Q&A

植え付け

鉢植えの際のポイントは何ですか。

10号(直径30cm)鉢に1株が目安になります。サンパチェンスは適度な水分を好みますが、過湿は嫌います。最初から大鉢に植え付けてしまうと、土がなかなか乾かず、いつも土が湿っている過湿状態になってしまうので、段階的に鉢サイズを上げていくと、失敗が少なく大きく育ちやすくなります。最初は5~6号(直径15~18cm)鉢に植え付けます。植え付けから1カ月程度、根がまわってきたころを目安に10号(直径30cm)以上の大鉢に植え替えをします。
一番のポイントは鉢の用土の保湿です。適度な水分を好みますが、過湿は嫌いますので、水やりの管理を丁寧に行ってください。
「サンパチェンスの土」で植え付けると、より大きく育ちやすくなります。

庭植え(花壇植え)の際のポイントは何ですか。

最低気温が10℃を越えるまでは、地植えにするのを控え、5~6号(15~18cm)の鉢に仮植えにするのがおすすめです。最低気温が10℃を越えるようになったら、仮植えから土ごと苗を優しく抜き、地植えにします。
固まった地面(花壇)ですと根がうまくまわらずに大きく育たないので、スコップ等で土をほぐして腐葉土や堆肥を混ぜこみ、元肥を混ぜてから植え付けるように注意します。

水やり

水やりのポイントは何ですか。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いてきたら、鉢の底から水が出てくるまで、たっぷりと水やりをします。次の水やりは土の表面が乾くまで待ちます。過湿状態が続かないように、メリハリを付けて水やりをすることがポイントです。

庭植えの場合は、植え付け後2週間は、土の表面が乾いたらたっぷりとやり、その後は乾燥が続いたときに水やりをします。

夏は1日に朝晩2回の水やりが必要な場合もあります。特に朝は日が高くなる前の10時までには水やりを済ませます。葉水※1も好むのでこまめにやり、あまり乾燥させないようにします。大株は特に水分の蒸散※2が早いので、水切れに注意します。貯水(底面給水)機能付きの鉢や水辺のコンテナを使うことで、水やりの手間を軽減できます。切り戻し※3をした後は過湿気味になり根腐れの原因になるので、水のやりすぎに注意してください。

※1 葉水…葉に直接水をかけること
※2 蒸散…植物体内の水分が主として葉から水蒸気として体外に排出されること
※3 切り戻し…枝や茎を刈り込むこと

朝水やりしても、日中葉がしおれてしまいます。暑さには強くないのですか。

サンパチェンスは暑さに強く強光線の下でも育つという点では、これまでの同タイプのインパチェンスに比べてすばらしい特性をもっています。
その一方で、葉からの蒸散※1量も多いので、暑い日の日中は葉がしおれます。夕方に回復する程度のしおれなら気にしなくてもよいですが、かなり激しくしおれる場合は日中でも十分に水やりと葉水※2を葉の表と裏にやってください。
頻繁に乾く夏場などは、鉢植えの場合は、鉢の下にレンガ等を置いて地面から離し、強い西日の当たらない場所や半日陰に移動するなど工夫を行ってください。あるいは、貯水(底面給水)機能付きの鉢や水辺のコンテナを使うことで、水やりの手間を軽減できます。

※1 蒸散…植物体内の水分が主として葉から水蒸気として体外に排出されること
※2 葉水…葉に直接水をかけること。

お手入れ・肥料

苗の葉がぽろぽろと落ちてしまいました。株の下からは、新芽が出ていますが復活しますか。

老化または過湿などにより、根が傷んでいる可能性があります。新しい用土に植え替え、様子を見てください。根を傷めないよう丁寧に新しい用土に植え替え、2~3週間くらい半日陰に置いた後に、徐々に日なたに出してみてください。植え替えた直後の水やりは、最初だけ土を落ち着かせるために鉢底から水が流れ出る程度やり、その後は頻繁に水をやらず、株の様子を見ながら、土の表面が乾き、葉がわずかにしおれ、水を欲しがっているように見えたら水をやるようにして、植物が成長し始めたら徐々に回数を多くしていきます。

葉の先が焼けたように茶色になってしまいました。どうしたらよいですか。

乾きによる葉焼け症状が出ているようです。特に8月の乾きやすい時期に、極端にしおれた後に水をやることを繰り返すと、葉先から葉焼けが出る場合があります。また同様の条件下で葉の中央部分から楕円状に葉焼けしていくこともあります。
水やりのタイミングや回数を見直し、極端にしおれさせないように注意します。焼けてしまった葉は元に戻らないので、取り除くとよいでしょう。

「斑入りサーモン」の新しい葉にだけ白い斑の部分に赤茶色の斑点が出ています。病気ですか。

病気ではありません。斑入り品種は、斑入り部分に赤茶色のシミ(葉焼け)が生じることがあります。極端に乾燥させてしまった後や、真夏の強光に長時間当たったときなど、葉焼けが生じる原因は様々です。水やりの回数を見直したり、鉢植えであれば置き場所を見直すとよいでしょう。

葉が黄色くなって落ちて、花もしおれてしまいます。どうしたらよいですか。

葉が黄色くなって落ちてしまったのは、栄養不足もしくは環境の急変による生理障害によるものと考えられ、花がしおれてきてしまったのは水不足によるものと考えられます。サンパチェンスは大変生育が旺盛なので、植え付け後2~3週間後から、2週間に一度程度は市販の液体肥料を追肥としてやることを忘れないように注意してください。また、水やりのタイミングや回数を見直し、極端なしおれ、または過湿にならないように気を付けます。

花に白い模様がでてきました。どうしたらよいですか。

日当たりの強さによる花焼けと考えられます。半日陰で咲かせると症状が出にくくなりますですが、が少なくなったり、株が間伸びしたりします。これは株が大柄な分、蒸散※2作用が激しいために起きる、一種の脱水症状です。気になるようでしたら半日陰になるところで管理するとよいです。脱水症状が起こりやすい7~8月は、切り戻し※1を行うことにより、9~11月の秋には枝数も増えて、どっしりした株で楽しむことができます。

※1 切り戻し…枝や茎を刈り込むこと
※2 蒸散…植物体内の水分が主として葉から水蒸気として体外に排出されること

鉢植えで大きくなったので、切り戻し※をしたいのですが、いつごろが適していますか。

5月に植え付けた株の場合、切り戻しのタイミングは7月中旬ごろに、枝先から1/3~1/2を目安に切り戻します。切り戻し後の水やりは過湿気味になり根腐れの原因になるので、水のやりすぎに注意してください。
詳しくはこちらもご覧ください

※ 切り戻し…枝や茎を刈り込むこと

小苗のうちに摘芯※1をした方がよいですか。

小苗のうちは特に摘芯の必要はありません。自然に枝数は多くなり、こんもりとした草姿になります。成長に合った適度な肥料をやり、水やりなどの管理を行い、株を大きく育てます。ただし切り戻し※2のタイミングは、関東標準で7月中旬ごろ(梅雨明け直前ごろ)に、枝先から1/3~1/2を目安に切り戻します。

※1 摘芯…茎の成長点を摘みとり、側枝を伸ばし、花つきをよくするために行うこと
※2切り戻し…枝や茎を刈り込むこと

鉢植えで育てていますが、来年も咲かせることはできますか。

基本的に一年草扱いです。熱帯性の植物で原産地では多年草ですが、最低温度が夜の温度も含め10℃くらいないと冬越しは難しいです。霜に当たると葉が黒変して枯れてしまいます。室内の窓際かサンルームのような日当たりのよい場所に置いて、冬越しします。室内などに取り込むときには、株を1/2~1/3程度まで切り詰めると、株に負担がかかりません。

水やりは、冷たい水を避け、お湯を少し足すなどして冷やりとしない程度の水温の水を少なめに与えます。

また、室内で管理すると、ホコリダニがつくことがあるので、定期的に葉水※を行うこともポイントです。

※ 葉水…葉に直接水をかけること

切り戻しをした後、根元付近から急にしおれてきて、枯れてしまいました。なぜですか。

水やりの量が多すぎたものと考えられます。切り戻し※1をすると、葉の枚数が半減し、それに比例して蒸散※2作用も半分以下になります。そこにこれまでと同じようにたっぷりと水をやってしまうと加湿の状態になってしまいます。葉の枚数の減少に応じて、水の量を減らすようにしてください。鉢植えの場合には、土の乾き具合を見ながら水のやりすぎに注意します。
今回の場合、半日陰に置き、水をやるのは極力減らし、葉だけをぬらすようにして、蒸散を抑えるのが、株を救うひとつの方法です。

※1 切り戻し…枝や茎を刈り込むこと
※2 蒸散…植物体内の水分が主として葉から水蒸気として体外に排出されること

肥料のやり方のポイントは何ですか。

旺盛な生育をするので、肥料切れに注意します。元肥と、追肥は置き肥と液肥を併用してやってください。元肥として、用土1リットル当たり緩効性化成肥料を1つまみ程度施します。
追肥は1カ月に1回程度、置き肥をします。あわせて春~秋の成長期に7~10日に1回程度、1,000~2,000倍に薄めた液肥を水やり代わりに施します。株の成長に応じて初期は少なめ、徐々に回数多くやるようにします。

病害虫と防除対策

室内で苗を冬越しさせてみました。無事冬越しできたようなので庭植えしてみましたが、新芽が丸まったまま育ちません。どうしたらよいですか。

ホコリダニのおそれがありますが、実際に肉眼で確認するのは難しいです。登録農薬の殺ダニ剤を散布して退治します。また、切り戻し※1による株の更新も効果があります。

最近は住宅事情がよくなり、暖かい室内で冬越しした株などに、このような症状が出ることがあります。予防として冬の間、室内は乾燥するので、3日に一度を目安に霧吹きなどで新芽から株全体まで葉水※2をやるとよいでしょう。

※1 切り戻し…枝や茎を刈り込むこと
※2 葉水…葉に直接水をかけること

葉が何かの虫に食べられているようですがどうしたらよいですか。

害虫の特定はできませんが、バッタ、コガネムシまたはガの幼虫などによる食害が考えられます。発生初期に見付け次第捕殺すること、また登録農薬の殺虫剤を散布でして防除することが大切です。食害する虫は葉裏か茎にいることが多いので、手入れを兼ねて葉裏もよく観察するようにしましょう。

花に白い斑点が出ているのですがどうしたらよいですか。

水不足、水切れ、灰色かび病、農薬などによる薬害などが考えられます。ウイルス病との違いは、白い部分の境目がはっきりとしていることがひとつの目安です。サンパチェンスは蒸散※作用が非常に激しく、水が鉢内にたっぷりあっても花弁にまで十分に水がいきわたらないことから、脱色し白く色が抜けることがあります。水を切らしてしまったときなども、このような症状が出ることがあります。半日陰に置いてやることで症状は少なくなります。湿気が多く風通しの悪いところでは灰色かび病の特徴である花に白いシミ状のもが出ることがあります。 症状の出ている花を取り除き、風通しを改善すれば、ある程度はおさまる場合があります。また、登録農薬の殺菌剤を散布しておくとよいです。農薬を散布するときは花を摘むか、傷んだ花を取り除いてから行います。

※ 蒸散…植物体内の水分が主として葉から水蒸気として体外に排出されること

培養土を使用して、大きなプラ鉢に植えて育てていますが、古い枝の付け根が黒くなり、ぽろぽろと落ちてしまうのはなぜですか。

過湿が原因の根傷み、または老化した枝に起きる現象と考えられます。サンパチェンスは乾燥が苦手な植物で水が大好きですが、用土が常に湿っている状態の過湿は嫌います。大きなプラ鉢に植えているとのことなので、高温期の水やり後は、鉢土も高温になり、蒸れやすくなることも要因の一つと考えられます。水やり、肥料は生育に応じてやるようにしてください。
また、多く見られるようであれば株元に何らかの菌が入って傷んでいることも考えられますので、傷んだところを消毒したはさみできれいに除去して新しい培養土に植え替えてください。

葉の付け根から、ところどころ茶色に枯れてしまっていますがどうしたらよいですか。

葉の変色の原因として、根傷み、日焼け、ハダニの害などが考えられます。

根痛みの原因は過湿や乾燥です。これらの対策として鉢や地植えしている土の表面にマルチ※をすることをお勧めします。

日焼けの原因は真夏の強い日差しです。特に梅雨で曇天が続いたのち、晴天になると日焼けを起こします。対策として、梅雨明け前後から8月いっぱい、半日陰または午前中のみ日が当たる場所に移動するか、寒冷紗※で日よけをします。ただし、日焼けは病気ではないので、半日陰への移動や寒冷紗を使うことが難しい場合は、植物が環境になれるのを待ちます。

ハダニは特に真夏の高温で乾燥している時期に多発します。対策として朝夕に植物全体と葉裏にもたっぷり水をかけて予防します。

※マルチ…植物の株元の土の表面をシートやわらなどで覆うこと。過湿や過度な乾燥を防ぎ、生育環境を安定させる効果があります。乾燥防止、防虫、暑さ対策等、用途に応じた園芸資材がホームセンターや園芸店で購入することができます。

※寒冷紗…植物を覆う被覆資材で化学繊維を網目状に織った薄い布のこと。夏の高温や強光を防ぐ遮光の目的のほか、防寒・防風・防乾・防虫用などに使用されます。ホームセンターや園芸店で購入することができます。

「斑入りサーモン」の花の一部にだけ、濃い色の花が咲いていますがどうしてですか。

同じ株の中でも花色が多少変化することがあります。全く異なる花色が咲いている場合は、枝変わりの場合と病気などによる変色の可能性があります。「斑入りサーモン」の場合、ローズ色の花が咲いている場合はウイルス病に感染した可能性があるので、残念ですが、他の植物に感染させないように株を処分されることをおすすめします。

「オレンジ」の花が最初は平面状に咲いていましたが、今は濃いピンクで、おわん状のまま開かないのです。花弁には白っぽい部分もありますがなぜでしょうか。

ウイルス病に感染した可能性があります。感染すると葉や花弁に濃淡のまだら模様ができ、モザイク状に見えたり、株が萎縮する、葉が縮れたりするなど、様々な症状が全身にあらわれます。

ウイルスの多くはアブラムシ類やアザミウマなどによって媒介※されます。アブラムシは葉に、またアザミウマは花に群生して、吸汁して生育を阻害するだけでなく、ウイルス病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。予防をかねて定期的に薬剤散布します。

ウイルス病に効く薬剤はないので、予防が大切です。日ごろからの害虫防除や病気の株は早めに片付けることが予防に繋がります。万が一、病気にかかってしまった場合は周囲に広がらないように抜き取り処分することが病気をうつさないことに繋がります。

処分しない時は、周囲に広がらないよう鉢植えなど移動できる場合は健全なものから離してください。また、被害株の除去の際に使用するハサミも消毒します。一株ごとに刃を火であぶったり、熱湯などで熱して消毒します。定期的に肥料などを与えて株に力があれば、症状の軽いうちは株も元気になります。

※ 媒介…橋渡し。多く病害菌をうつすこと。

今までよく咲いていましたが、近ごろ枝先の葉が縮れてしまい、ほとんど咲かなくなってしまいました。原因は何でしょうか。

ウイルス病に感染した可能性があります。感染すると葉や花弁に濃淡のまだら模様ができ、モザイク状に見えたり、株が萎縮する、葉が縮れたりするなど、様々な症状が全身にあらわれます。

ウイルスの多くはアブラムシ類やアザミウマなどによって媒介※されます。アブラムシは葉に、またアザミウマは花に群生して、吸汁して生育を阻害するだけでなく、ウイルス病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。予防をかねて定期的に薬剤散布します。

ウイルス病に効く薬剤はないので、予防が大切です。日ごろからの害虫防除や病気の株は早めに片付けることが予防に繋がります。万が一、病気にかかってしまった場合は周囲に広がらないように抜き取り処分することが病気をうつさないことに繋がります。

処分しない時は、周囲に広がらないよう鉢植えなど移動できる場合は健全なものから離してください。また、被害株の除去の際に使用するハサミも消毒します。一株ごとに刃を火であぶったり、熱湯などで熱して消毒します。定期的に肥料などを与えて株に力があれば、症状の軽いうちは株も元気になります。

※ 媒介…橋渡し。多く病害菌をうつすこと。

葉が柳の葉のように縮れて、細くなってしまいました。蕾は出ますが、花が咲きません。原因は何でしょうか。

ウイルス病に感染した可能性があります。感染すると葉や花弁に濃淡のまだら模様ができ、モザイク状に見えたり、株が萎縮する、葉が縮れたりするなど、様々な症状が全身にあらわれます。

ウイルスの多くはアブラムシ類やアザミウマなどによって媒介※されます。アブラムシは葉に、またアザミウマは花に群生して、吸汁して生育を阻害するだけでなく、ウイルス病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。予防をかねて定期的に薬剤散布します。

ウイルス病に効く薬剤はないので、予防が大切です。日ごろからの害虫防除や病気の株は早めに片付けることが予防に繋がります。万が一、病気にかかってしまった場合は周囲に広がらないように抜き取り処分することが病気をうつさないことに繋がります。

処分しない時は、周囲に広がらないよう鉢植えなど移動できる場合は健全なものから離してください。また、被害株の除去の際に使用するハサミも消毒します。一株ごとに刃を火であぶったり、熱湯などで熱して消毒します。定期的に肥料などを与えて株に力があれば、症状の軽いうちは株も元気になります。

※ 媒介…橋渡し。多く病害菌をうつすこと。

新しく出た葉だけが、縮れたようになるのですが、なぜでしょうか。

ウイルス病に感染した可能性があります。感染すると葉や花弁に濃淡のまだら模様ができ、モザイク状に見えたり、株が萎縮する、葉が縮れたりするなど、様々な症状が全身にあらわれます。

ウイルスの多くはアブラムシ類やアザミウマなどによって媒介※されます。アブラムシは葉に、またアザミウマは花に群生して、吸汁して生育を阻害するだけでなく、ウイルス病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。予防をかねて定期的に薬剤散布します。

ウイルス病に効く薬剤はないので、予防が大切です。日ごろからの害虫防除や病気の株は早めに片付けることが予防に繋がります。万が一、病気にかかってしまった場合は周囲に広がらないように抜き取り処分することが病気をうつさないことに繋がります。

処分しない時は、周囲に広がらないよう鉢植えなど移動できる場合は健全なものから離してください。また、被害株の除去の際に使用するハサミも消毒します。一株ごとに刃を火であぶったり、熱湯などで熱して消毒します。定期的に肥料などを与えて株に力があれば、症状の軽いうちは株も元気になります。

※ 媒介…橋渡し。多く病害菌をうつすこと。

「斑入りサーモン」の葉が、ほとんど株全部緑色になり、斑がなくなってしまいました。原因は何でしょうか。

ウイルス病に感染した可能性があります。感染すると葉や花弁に濃淡のまだら模様ができ、モザイク状に見えたり、株が萎縮する、葉が縮れたりするなど、様々な症状が全身にあらわれます。

ウイルスの多くはアブラムシ類やアザミウマなどによって媒介※されます。アブラムシは葉に、またアザミウマは花に群生して、吸汁して生育を阻害するだけでなく、ウイルス病を媒介するので、早期発見、早期防除に努めます。予防をかねて定期的に薬剤散布します。

ウイルス病に効く薬剤はないので、予防が大切です。日ごろからの害虫防除や病気の株は早めに片付けることが予防に繋がります。万が一、病気にかかってしまった場合は周囲に広がらないように抜き取り処分することが病気をうつさないことに繋がります。

処分しない時は、周囲に広がらないよう鉢植えなど移動できる場合は健全なものから離してください。また、被害株の除去の際に使用するハサミも消毒します。一株ごとに刃を火であぶったり、熱湯などで熱して消毒します。定期的に肥料などを与えて株に力があれば、症状の軽いうちは株も元気になります。

※ 媒介…橋渡し。多く病害菌をうつすこと。

増殖について

サンパチェンスの苗を購入して見事に育ちました。近所のお友達から「分けてほしい」と頼まれたので、増やして差し上げたいと思いますが、問題ないですか?

申し訳ございません。無償配布であっても当社はお客様の増殖についてご遠慮いただいております。必ず店舗にてご購入いただくようお願いいたします。

PVP登録品種、登録商標は、それぞれ種苗法、商標法により、育成者権、商標権として保護されており、その利用については、権利者の許諾が必要な場合があります。また、出願公表された出願中の品種につきましては、出願登録後、登録前の利用に対して、出願者から補償金の支払いを求められる場合があります。

サンパチェンスは購入した苗を一切増やすことは出来ないのでしょうか?

申し訳ございません。当社はお客様の増殖についてご遠慮いただいております。必ず店舗にてご購入いただくようお願いいたします。

PVP登録品種、登録商標は、それぞれ種苗法、商標法により、育成者権、商標権として保護されており、その利用については、権利者の許諾が必要な場合があります。また、出願公表された出願中の品種につきましては、出願登録後、登録前の利用に対して、出願者から補償金の支払いを求められる場合があります。

地域のボランティアで市民農園の花壇の管理を行っています。予算が厳しいので、購入した苗を元に増やそうと思います。販売するわけではないので、問題ないですか?

申し訳ございません。当社はお客様の増殖についてご遠慮いただいております。必ず店舗にてご購入いただくようお願いいたします。

PVP登録品種、登録商標は、それぞれ種苗法、商標法により、育成者権、商標権として保護されており、その利用については、権利者の許諾が必要な場合があります。また、出願公表された出願中の品種につきましては、出願登録後、登録前の利用に対して、出願者から補償金の支払いを求められる場合があります。

その他

環境によいとありますが、浄化能力の数値を具体的に教えていただくことはできますか。

他の園芸植物に比べ、「サンパチェンス」の浄化能力は二酸化窒素(NO2下付文字)が5~8倍、ホルムアルデヒド(HCHO)が3~4倍高いことが実証されました。
また、周りの温度を下げる「打ち水効果」、水質の浄化能力も持っています。
詳しくはこちらもご覧ください

「さくさく」と「ぐんぐん」の違いは何ですか。

「さくさく」シリーズは、「ぐんぐん」シリーズと比較して、ひと回り小さくまとまります。夏の暑さに強く、生育旺盛さはそのままで、枝ぶりが細やかで上に伸びにくいタイプなので、ベランダや玄関先の限られたスペースでも楽しめます。

「ぐんぐん」シリーズはその名の通り生育が早く、「さくさく」シリーズと比較してより早く大株になるので、花壇や植栽等におすすめです。