サカタのタネ「タネ・苗・園芸用品・農業資材の総合案内」

プリムラ類について

プリムラ類の生息環境

ヒマラヤ東部やチベット、中国横断山脈が重なる高山帯には様々なプリムラ類がおびただしい数で自生しています。
種類の豊富さとその数が多い事からプリムラ類はこの地域で発生し、北半球の東と西に拡散して行ったと考えられています。
自生する場所はほぼ湿地や川のほとりで、斜面では水の染み出るところなど土の表面が乾かない場所を好みます。
こうした自生状況から水はけがよく、乾かない環境がプリムラ類の栽培では必要なことだとわかります。


シヤングリラ標高3000mの小川に咲く
プリムラ シキメンシスとプリムラ セクンデフローラ


雲南省 麗江山の斜面水が
染み出る場所に咲くプリムラ ポイソニー

育種コンセプト

ガーデンプリムラ アラカルト®は、サカタのタネが長い年月をかけ開発をした今までにないプリムラです!!

従来のプリムラよりも寒さに強く、晩秋からよく咲き、花つきがよく、春の最盛期には鉢からあふれんばかりに咲きほこります!

花の少ない厳寒期でも楽しめ、雪が降っても花が傷みにくい画期的なプリムラです。

アラカルトの特徴

寒さにとっても強い!


強い霜にあたっても元気いっぱい!


雪がふってもなんのその!

寒さにとにかく強く、丈夫でパンジー並みの耐寒性があり、真冬の寒さにも負けずに春まで咲き続けます。

寒さに強い植物といえばパンジーやクリスマスローズが有名ですが厳寒期の早朝は凍ってしまう前者と違いアラカルトは元気いっぱいに咲き続けます。


寒さに強い秘密はこの根っこ!根が強くしっかりと張っているため草姿が丈夫になり寒さへの強さを持つことができるのです。


春、桜が満開を迎える頃に アラカルトも開花のピークを 迎えます。

 

晩秋から春までなが~く咲く!

真冬の寒さにも負けずに咲き続け、晩秋から春まで休むことなく咲き続けます。
春にはいっそうボリュームある花が株全体を見事に覆います!

B.晩秋から春までなが~く咲く!

 

花茎が長いから寄せ植えにおすすめ!

愛らしい花が次々と咲きます。同じプリムラ類のジュリアンやポリアンサに比べ、花茎が長いため
パンジー・ビオラなどの背の低い花材との寄せ植えにぴったり!

C.花茎が長いから寄せ植えにおすすめ!

 

宿根性があり、翌年のボリュームがすごい!

上手に夏越しができれば、2年目の株はさらにボリュームアップ!!驚くほどの花数になります。
夏越しには、風通しのよい半日陰地が向きます。
ハダニを防ぐため、乾燥させないように注意が必要です。

C.花茎が長いから寄せ植えにおすすめ!

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.