サカタのタネ「タネ・苗・園芸用品・農業資材の総合案内」

ランドスケープ

水辺の提案

サカタのタネでは、「水辺を緑化したい」、「水面を利用して花を咲かせたい」という要望を受け、水辺でも植物が元気に育つコンテナを開発しました。全国各地の公園などにサンパチェンスが栽培され好評を得ています。春から晩秋までの半年はサンパチェンスの見事な開花を楽しんだ後、晩秋から春までの冬季にはアラカルト シュシュを植えることを推奨しております。プリムラの本来の性質からアラカルト シュシュは水辺のコンテナ栽培のように土の表面が乾かない場所を好みます。11月~12月の植え付け直後から4月いっぱいまで旺盛に開花を続ける様子はとても見事です。河川などの新たな植栽提案としていかがでしょうか?


寒い時期でもしっかりと咲いて、寂しくなりがちな
冬の庭を明るく彩るアラカルト シュシュ


河川に植えられたソメイヨシノとサクラソウとの
コラボレーションが実現!お花見客にとても好評でした

 

景観形成

アラカルト シュシュは、耐寒性・耐暑性が高いプリムラのため、大規模な植栽や景観形成に適した花材といえます。落葉樹の根元など夏は木漏れ日が差しこみ、冬から春に日の当たる環境では宿根し、翌年はさらにボリュームのある株に成長します。公園や河川の植栽に大変おすすめです。


アラカルトをまとめて植えて、遠目から眺めると
グラデーションのような花色の濃淡を楽しめます。


冬季は一列に植えたアラカルトを楽しみ、
春にはソメイヨシノと共に。
春がとっても待ち遠しくなるコラボレーションです。

株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.