サカタのタネ「タネ・苗・園芸用品・農業資材の総合案内」
 
フォーチュンベゴニアとは?

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 
フラワータワーの楽しみ方
 
ハンギングバスケットの楽しみ方





 

冬、池が凍るような寒い朝、フォーチュンベゴニアは
突然枯れます。でも心配しないでください。
フォーチュンは球根を作り、次の春、20℃で
芽吹きますので、関東では4月に芽吹き、
6月には 再び咲きます。また上級者になると、
夏越しも可能です。
ぜひチャレンジしてみてください!
(豆知識②参照)

豆知識②

 

フォーチュンベゴニアは、雌雄で異なった花をつけます。
雄花はおしべが花弁化して八重咲きになり、
雌花は一重。雌花をよーく見ると、めしべは虫媒花。
この奇妙なめしべの形態は、虫についた花粉をこそげ
取る役割をするように進化したものと考えられます。

    なんとも不思議な、めしべの形。 生命の神秘を感じさせます。
 

豪華に咲き誇る八重の雄花にどのくらいの花弁が
あるのか調べてみました。
66枚もありました。

トップへ戻る
 
株式会社サカタのタネ
Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.