ツンベルギア(多年草)

キツネノマゴ科ツンベルギア属のつる性一年草です。熱帯・亜熱帯アジアに自生し丈夫で生育が旺盛です。1年でつるが3~4mとよく伸びます。花は房状に固まって6~8cmの淡いブルーの美しい花を咲かせます。

ツンベルギア(多年草)
  • カテゴリー:flower
  • 育てやすさ:beginner
  • 成長の早さ:normal
  • 背丈:normal
  • 葉の量:large
  • 病気:strong
  • 手間:row
  • 虫:off
株間(地植え) 90cm
株間(プランター) 1株
緑のカーテン用
タネまき時期
苗(5月上旬~6月下旬)
開花時期(温暖地) 9月上旬~11月上旬
ネットの網目サイズ 10cm程度
その他

ここでは「緑のカーテン」を夏場(8月~9月)に作ることを目的とし、横浜地域(温暖地)での栽培を基準にしています。各地域各植物標準の育て方とは異なる部分がありますので、あくまでも目安としてください。(植物は生き物ですので地域や条件によって差が出ます。)とくに苗を購入される場合は販売時期と合わないことがありますのでご注意ください。 プランターは65×30 ×35cm(土の容量約35リットル)サイズを基準としています。

育て方

栽培環境 日当たり、排水のよい場所を好みます。
タネまき タネができないので苗から育てます。
植えつけ ポット苗を株間30cm程に定植します。定植時に完熟堆肥、腐葉土、元肥を混入します。
65cmほどの深型プランターでは2,3株が目安です。
管理のポイント
(栽培のポイント)
非耐寒性で、関東南部以西では、地上部は枯れますが、株は越冬し、春先に芽を出してきます。寒い地域では、冬は室内に入れます。生育温度は20~30℃と高いです。多湿に弱いので、風通しをよくするのに心がけ、株間を広くとることをおすすめします。
施肥 定植時に元肥として、緩効性の肥料を適量混入しておき、10~15日に一度液体肥料を水代わりに施します。
水やり 地植えの場合、葉がしおれぎみのときは、十分に水やりします。
鉢・プランター植えでは、地表が白く乾いてきたら、十分に水やりをします。
病害虫 ハダニが付きやすいので注意します。
冬越し 寒い地域では、挿し木をし、小苗で冬越しさせて良い。室内にて、冬越しをします。水は控えめで、乾燥気味にする。

おすすめ品種

オーガスタブルー

  • 商品詳細情報へ
  • オンラインショップで検索する

一覧へ戻る

ページトップに戻る