もっと野菜が育てなくなる次世代の苗 おうち野菜

マクワウリ(すっきりメロン)の栽培方法

植えつけ

4~5月

収穫    

7~9月

場所    

日なた

支柱    

不要
(棚仕立てには必要)

畑づくり

植えつけの2週間以上前に、1㎡当たり苦土石灰100g程度を全面に散布し、よく施しておきます。
元肥は1週間前に1㎡当たり完熟堆肥2~3kg、化成肥料100~150gを全面に施しておきます。

point

連作障害を避けるためメロン類だけではなく、ウリ科作物(キュウリ、カボチャ、スイカなど)を植えた場所に続けて栽培しないようにします。

植えつけ

  • 株間約100cm

point
  • 低温期に植えつける場合は、霜よけや保温のために状況に応じた防寒資材の使用をおすすめします。
  • ツルを多く伸ばすので、ツルが伸びる方向にスペースを十分に確保して植えつけます。

栽培管理

  • マルチ・敷きわら

    土壌の乾燥防止や雑草防止などに効果があります。

  • 摘心(ピンチ)

    本葉が5~6枚で摘心して元気のよい子づるを2~3本残し、更に孫ヅルを各2~3本つけます。

  • 交 配

    夜明け~午前10時ごろまでに雄花の花粉を雌花の柱頭につけます。

  • 追肥

    月に2回程度適量を施す。また果実がたくさんついたら肥料切れによる株疲れを起こさないように液肥や固形肥料による追肥を行います。

  • 病害虫対策

    アブラムシ、アザミウマ、ウリハムシ、コナジラミ類、べと病、つる枯れ病などを防除します。

point
  • 7~8月の高温乾燥期はワラや刈り草などで株元を覆って、地温の上昇と乾燥から守ります。
  • 1株に同時に多くの果実が実ると株が疲れるので、1ヅルに1果実を目安に摘果を行う。

収穫

  • 芳香が出始め、果実を軽くひねるだけで取れる時が収穫の目安です。

point

完熟すると果実につながるツルのつけ根に丸い「離層」といわれる輪ができます。
そこで果実を軽く持ち上げてひねるとツルから容易に外れます。

購入
ページトップへ