もっと野菜が育てなくなる次世代の苗 おうち野菜

とうがらし(スナックとうがらし)の栽培方法

植えつけ

4~5月

収穫    

6~10月

場所    

日なた

支柱    

必要

畑づくり

植えつけの2週間以上前に、1㎡当たり苦土石灰100g程度を全面に散布し、よく耕しておきます。
元肥は1週間前に1㎡当たり完熟堆肥2~3kg、化成肥料100~150gを全面に施しておきます。

point

連作障害を避けるためトウガラシだけではなく、ナス科作物(トマト、ナス、ジャガイモなど)を植えた場所に続けて栽培しないようにします。

植えつけ

  • 深さ30cm以上
    2株

  • 直径30cm以上
    1株

  • 株間約50cm以上

point
  • 低温期に植えつける場合は、霜よけや保温のために状況に応じた防寒資材の使用をおすすめします。
  • 茎が弱いので定植時に仮支柱を立てて支えます。

栽培管理

  • 仕立て

    1番花がついている主枝とそのすぐ下から出ている側枝2本を残して他の側枝は切り、3本仕立てにします。

  • 誘引

    茎が太る余裕を残してひもで8の字につくるようにして枝を支柱に結びます。

  • 追肥

    月に2回程度、適量を施します。

point
  • 窒素肥料が多いと実つきがわるくなるので注意します。
  • 水分が不足すると辛味が増すことがあります。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

収穫

  • 3~15cmが収穫目安
    (辛みが苦手な方やタネが気になる方はなるべく小さいうちに収穫します)

point

3~15cmを目安に収穫します。
収穫が遅れると果実がかたくなったり、辛味が増すことがあります。

購入
ページトップへ