もっと野菜が育てなくなる次世代の苗 おうち野菜

ズッキーニ(夏みのる)の栽培方法

植えつけ

4~5月

収穫    

5~8月

場所    

日なた

支柱    

必要

畑づくり

定植の2週間以上前までに苦土石灰を散布して深く耕します。1週間前に、直径30~40㎝、深さ30㎝ほどの穴を掘り、底にたい肥を入れ、掘り上げた土に化成肥料、過リン酸石灰をかき混ぜて穴に埋め戻し、周りの土を集めて高さ10㎝ほどの定植床を作ります。株間は1mほどにします。

point

肥料のやりすぎ厳禁!苦土石灰は1㎡当たり2握り(約100g)、1㎡当たりたい肥は約3㎏、化成肥料(窒素8:リン酸8:カリ8)は1握り(約50g)、過リン酸石灰は軽く1握り(約20g)とします。

植えつけ

  • 深さ30cm以上
    1株

  • 直径45cm以上
    1株

  • 株間約70cm以上

point

定植は深植えにならないように。定植後はホットキャップをかぶせ、気温が十分上がったり、苗がホットキャップに触れるようになったら取りはずします。場所が狭い場合は丈夫な支柱を立てるとよいでしょう。

栽培管理

  • 仕立て

    風で株が振り回されないように、支柱を立てて
    固定します。古い葉や病葉を除去し、風通しと
    採光性をよくして病気の発生を抑えます。

  • 追肥

    肥料切れに注意し、収穫が始まったら
    月に1、2度追肥します。

point

朝、ミツバチが飛んでいないような場合、人工交配をおすすめします。
その時、葉や茎にとげがあって痛い場合は軍手などをして手を保護します。
追肥は1回に、化成肥料を1株当たり軽く1握り(約30g)とします。

収穫

  • 約20㎝が収穫目安

point

開花後人工授粉させてしっかりした実をつけさせます。授粉後4~6日、長さ約20㎝の若い果実を収穫します。
収穫が遅れると果実が大きくなり株に負担がかかるので注意します。

購入
ページトップへ